春の有名俳句の一覧

春のシーズンは、冬のシーズンの厳しい寒さが終わって、花が咲き始めてきます。

ここでは、このような春に詠まれた有名な俳句についてご紹介します。

春の俳句自動作成

春の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/spring1/

春の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/spring2/

春の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/spring3/

春の季語とは?

季語というのは、新年、春、夏、秋、冬があり、季節を表現するために俳句で詠まれる言葉です。

また、旧暦によって季語は決まっており、だいたい春は1月~3月、夏は4月~6月、秋は7月~9月、冬は10月~12月となっており、現在の季節とちょっとずれているときがあります。

春の有名な季語としては、 桜があります。

また、春の花の季語としてはすみれや菜の花など、 春の鳥の季語としてはつばめやうぐいすなど、春の行事の季語としては卒業や入学などがあり、いずれの季語も春を思い浮かべやすいものです。

春に詠まれた有名な俳句とは?

ここでは、春に詠まれた有名な俳句についてご紹介します。

「しほるゝは 何かあんずの 花の色」

この俳句は、松永貞徳が詠んだもので、あんずの花が季語です。

内容としては、「あんずの花がしおれているのは心配なことが何かあったのでしょうか?」ということです。

「山路来て 何やらゆかし すみれ草」

この俳句は、松尾芭蕉が詠んだもので、すみれ草が季語です。

内容としては、 「ずっと山道を歩いていると、道端にすみれの花が咲いていたので心がなんとなく惹きつけられました。」ということです。

「梅が香に のっと日の出る 山路かな」

この俳句は、松尾芭蕉が詠んだもので、梅が香が季語です。

内容としては、「山路を早春に歩いていると、梅の香がどこからかしてきました。この梅の香に誘われるかのように、突然大きな朝日が姿を現しました。」ということです。

「草の戸も 住み替はる代ぞ 雛の家」

この俳句は、松尾芭蕉が詠んだもので、雛が季語です。

内容としては、「住み慣れたあばら家も、主が変わるようになりました。雛人形を新しい主のもとで飾っています。」ということです。

「春の海 ひねもすのたり のたりかな」

この俳句は、与謝蕪村が詠んだもので、春の海が季語です。

内容としては、「春のうららかな日を浴びた海面には、白波が一日中春の日永をゆったりと物憂げにうねりながら、浜辺に寄せては返しています。」ということです。

「高麗船の 寄らで過ぎゆく かすみかな」

この俳句は、与謝蕪村が詠んだもので、かすみが季語です。

内容としては、「かすみが会場には立ち込めており、ゆっくりと見慣れない異国の船がかすみの中から姿を現しました。美しく船は彩色されており、どうやら高麗船のようです。間近で見てみたいと考えましたが、岸には近づかなくて、かすみの中にまたそのまま消えてしまいました。」ということです。

「菜の花や 月は東に 日は西に」

この俳句は、与謝蕪村が詠んだもので、菜の花が季語です。

内容としては、「見渡す限り、大地には黄色い菜の花畑が広がっています。鮮やかな目が覚めるほどの菜の花に影がさし、春の長い一日も終わろうとする頃、白い月が東の空には登ってきて、西の空には夕日が赤く燃えながら沈もうとしています。」ということです。

「白梅に 明るく夜ばかりと なりにけり」

この俳句は、与謝蕪村が詠んだもので、白梅が季語です。

内容としては、「白梅の花が咲き始め、この病床まで高雅な白梅の香りが匂ってきます。今からは夜ごと、この白梅の付近から夜がほのぼのと明けていきます。」ということです。

「行く春や おもたき琵琶の 抱きごころ」

この俳句は、与謝蕪村が詠んだもので、行く春が季語です。

内容としては、「物憂い晩春の気持ちで琵琶を弾けば、いつもよりこの琵琶が重く感じられます。」ということです。

「我と来て 遊べや親の ない雀」

この俳句は、小林一茶が詠んだもので、雀の子が季語 です。

内容としては、「かわいそうな親からはぐれてしまった子雀よ、こっちに来て一緒に親のない私と遊びましょう。」ということです。

「雪とけて 村いっぱいの 子どもかな」

この俳句は、小林一茶が詠んだもので、雪解けが季語です。

内容としては、「長い冬も終わりに近づいて、雪解けの季節になりました。春を待ちわびていた子供たちは、外に一斉に飛び出してきて、春の日を浴びて遊んでいます。こんなにも村に多くの子どもがいたのかとびっくりするばかりです。」ということです。

「野に出でて 写生する春と なりにけり」

この俳句は、正岡子規が詠んだもので、春が季語です。

内容としては、「写生を野に出てする暖かい季節になりました。」ということです。

「菫ほどな 小さき人に 生まれたし」

この俳句は、夏目漱石が詠んだもので、すみれが季節です。

内容としては、「春のうららかな日差しを浴びながら、すみれが咲いています。このように美しく、さらに小さいものがこの世の中にあったでしょうか。もし、生まれ変わることができるのであれば、このすみれのような小さい人間に生まれたい。」ということです。

「まさおなる 空よりしだれ さくらかな」

この俳句は、富安風生が詠んだもので、枝垂桜が季節です。

内容としては、「真っ青な空から垂れ下がって、可憐な花が咲いている枝垂桜はなんと美しいことでしょう。」ということです。

「チューリップ 喜びだけを 持っている」

この俳句は、細見綾子が詠んだもので、チューリップが季節です。

内容としては、「一点の曇りもないような喜びだけをチューリップの花は持っているような美しさがあります。」ということです。

「菜の花が しあはせさうに 黄色して」

この俳句は、細見綾子が詠んだもので、菜の花が季節です。

内容としては、「今年も春がまたやってきて、黄色い花を菜の花が咲かせています。まるで全身で春の喜びを表現するかのように、黄色い花を咲かせています。」ということです。

「来しかたや 馬酔木咲く野の 日のひかり」

この俳句は、水原秋桜子が詠んだもので、馬酔木が季節です。

内容としては、「奈良の野を巡って、薄暗い三月堂に立つと、道中の光景が思い浮かびます。奈良の野にはきれいにあしびの花が咲いており、春の溢れるような日差しが降り注いでいました。」ということです。

「ちるさくら 海あおければ 海へちる」

この俳句は、高屋窓秋が詠んだもので、さくらが季語です。

内容としては、「風に吹かれて満開の桜の花びらが散っています。海が真っ青に深々と澄んでいるためでしょうか。ピンク色の淡い花びらは、はらはらとまるで海に吸い込まれるように散っています。」ということです。

「春風や 闘志いだきて 丘に立つ」

この俳句は、高浜虚子が詠んだもので、春風が季語です。

内容としては、「暖かな春の風を丘の上で全身に感じながら、また今から勇ましく戦おうと決めています。」ということです。

春の俳句自動作成

春の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/spring1/

春の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/spring2/

春の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/spring3/

おすすめの記事