冬の季語「火鉢(ひばち)」を使った俳句一覧




冬の俳句自動作成

冬の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/winter1/

冬の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/winter2/

冬の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/winter3/

冬の季語「火鉢(ひばち)の解説

火鉢は、炭をその中に熾して、手足を焙って暖をとるための暖房器具のひとつのことをいいます。現在ではほとんど見かけなくなり、別の暖房器具にとってかわられています。

冬の季語「火鉢(ひばち)子季語・関連季語・傍題・類語など

火桶(ひおけ)/桐火桶(きりひおけ)/桐火鉢(きりひばち)/箱火鉢(はこひばち)/長火鉢(ながひばち)/足焙(あしあぶり)

の季語「火鉢(ひばち)」を使った俳句一覧

冬の季語一覧



おすすめの記事