夏の有名俳句の一覧

夏のシーズンは、青々と海と空が美しく輝いて、日差しが眩しい季節です。

ここでは、このような夏に詠まれた有名な俳句についてご紹介します。

夏の俳句自動作成

夏の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/summer1/

夏の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/summer2/

夏の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/summer3/

夏の季語とは?

夏の季語としては非常に多くありますが、ここではよく使われるものについてご紹介します。

まず、代表的な夏の季語としては、夏の天気を表す言葉があります。

言葉としては、例えば、炎天、五月晴、梅雨などがあります。

遠雷や入道雲なども夏の季語になります。

また、夏というとやはり暑さでしょう。

夏の暑さを表す熱帯夜や大暑、汗なども、夏の季語になります。

夏が終わりになって晩夏になれば、秋近しというような夏の季語もあります。

また、夏に着るものとして、例えば、海水着、短ズボン、浴衣なども夏の季語になります。

夏に使う蚊取り線香、団扇、サングラス、日傘なども夏の季語です。

さらに、夏の楽しみの、プール、海水浴、花火なども夏の季語になります。

夏に詠まれた有名な俳句とは?

ここでは、夏に詠まれた有名な俳句についてご紹介します。

「長持ちに 春ぞくれ行く 更衣」

この俳句は、井原西鶴が詠んだもので、更衣が季語です。

内容としては、「春の着物を衣替えの日に長持にしまえば、春までもがまるで長持の中に暮れていくようです」ということです。

「目には青葉 山ほととぎす はつ松魚」

この俳句は、山口素堂が詠んだもので、初がつおが季語です。

内容としては、「青葉が目には眩しく、山のほととぎすの声が聞こえて、口には美味しい初がつおの初夏です。」ということです。

「夏草や 兵どもが 夢の中」

この俳句は、松尾芭蕉が詠んだもので、夏草が季語です。

内容としては、「栄華を藤原三代が夢見たこの土地も、夏草が現在は生い茂っています。」ということです。

「五月雨を あつめてはやし 最上川」

この俳句は、松尾芭蕉が詠んだもので、五月雨が季語です。

内容としては、「最上川は、降り続く五月雨を集めて水が溢れて、矢のようなスピードで流れています。」ということです。

「閑かさや 岩にしみ入る 蝉の声」

この俳句は、松尾芭蕉が詠んだもので、蝉が季語です。

内容としては、「非常に深い静けさです。蝉の鳴く声だけが静まり返った岩山には高く響いて、これ以外には全く聞こえません。岩々にこの蝉の鳴く声も染み込んでいくようで、静けさだけをただ際立たせているようです。」ということです。

「象潟や 雨に西施が ねぶの花」

この俳句は、松尾芭蕉が詠んだもので、ねぶの花が季語です。

内容としては、「象潟の雨に濡れて咲いているねむの花は、中国の古代の美女の西施が寝ている様子を思わせるものです。」ということです。

「山蟻の あからさまなり 白牡丹」

この俳句は、与謝蕪村が詠んだもので、白牡丹が季語です。

内容としては、「白牡丹の花びらの上を、真っ黒い山蟻がはっています。白い牡丹にはっきりと黒い姿が浮かんでいます。」ということです。

「さみだれや 大河を前に 家二軒」

この俳句は、与謝蕪村が詠んだもので、五月雨が季語です。

内容としては、「水かさが五月雨で増して勢いよく流れている大河の岸辺に、心細そうに2軒の家が立っています。」ということです。

「夏河を 越すうれしさよ 手に草履」

この俳句は、与謝蕪村が詠んだもので、夏河が季語です。

内容としては、「暑い夏の日に道を歩いていると、 小さい川がありました。そのため、履いていた草履をぬいで手に持ってこの小さい川を渡りました。冷たい水で気持ち良く、このように子どものときに川を渡ったことを思い出しました。」ということです。

「愁ひつつ 岡にのぼれば 花いばら」

この俳句は、与謝蕪村が詠んだもので、花いばらが季語です。

内容としては、「何だか非常に悲しい気持ちになって、丘に一人で登っていくと、きれいな白い野ばらがそこにはあちらこちらに咲いていました。」ということです。

「ふるさとや 寄るもさはるも ばらの花」

この俳句は、小林一茶が詠んだもので、ばらの花が季語です。

内容としては、「はるばるやってきた故郷は、家族だけでなく、村の人までもがばらの花のとげのように私を痛めつけます。」ということです。

「蟻の道 雲の峰より つゞきけん」

この俳句は、小林一茶が詠んだもので、蟻・雲の峰が季語です。

内容としては、「長くありの行列が続いています。これは間違いなく、空に見える入道雲から続いてきたのでしょう。」ということです。

「夏嵐 机上の白紙 飛び尽くす」

この俳句は、正岡子規が詠んだもので、夏嵐が季語です。

内容としては、「窓を夏の暑い日に開けていると、涼しい風が突然吹き付けてきて、机の上の白い紙が全て飛んでいきました。」ということです。

「映りたる つゝじに緋鯉 現れし」

この俳句は、高浜虚子が詠んだもので、緋鯉が季語です。

内容としては、「つつじの花が池のほとりに咲き乱れ、くっきりと水面に映っています。この池の中から、ゆったりと大きな緋鯉が姿を現しました。」ということです。

「夏の蝶 日かげひなたと 飛びにけり」

この俳句は、高浜虚子が詠んだもので、夏の蝶が季語です。

内容としては、「一匹の蝶が、夏の日に日向に入ったり、日陰に入ったりしながら、ひらひらと飛んでいます。」ということです。

「月に柄を さしたらばよき 団扇かな」

この俳句は、山崎宗監が詠んだもので、団扇が季語です。

内容としては、「暑い真夏の夜、もし真ん丸の月に柄を付ければ、間違いなくいい団扇になるでしょう。」ということです。

「暗く暑く 大群衆と 花火待つ」

この俳句は、西東三鬼が詠んだもので、花火が季語です。

内容としては、「夏の蒸し暑い夜に、多くの見物人に混じって、花火が上がるのを待っています。どのような花火が一体上がるのでしょうか。みんなが、暗闇の中で、期待に胸を膨らませて今か今かと待っています。」ということです。

「算術の 少年しのび 泣けり夏」

この俳句は、西東三鬼が詠んだもので、夏が季語です。

内容としては、「夏の暑いある日、男の子の泣き声が家の中のどこからかします。夏休みの算数の宿題ができなくて、隠れて泣いています。」ということです。

「一点の 偽りもなく 青田あり」

この俳句は、山口誓子が詠んだもので、青田が季語です。

内容としては、「青々とした水田が、夏の照りつける日差しのもとに広がっています。水田に張られた水は、日の光をきらきらと反射して、非常にみずみずしくて美しく、まさに夏の日本の田園風景です。」ということです。

「万緑の 中や吾子の歯 生え初むる」

この俳句は、中村草田男が詠んだもので、万緑が季語です。

内容としては、「真夏に、緑の世界が辺り一面に広がっています。このような時に、愛しい我が子の口に白い歯が初めて生えてきました。小さい歯の白が、溢れる草木の緑にまぶしく映えています。」ということです。

夏の季語キーワード

夏の有名俳句の一覧

夏の俳句自動作成

夏の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/summer1/

夏の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/summer2/

夏の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/summer3/

おすすめの記事