春の季語「雉(きじ)」を使った俳句一覧




春の俳句自動作成

春の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/spring1/

春の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/spring2/

春の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/spring3/

春の季語「雉(きじ)」を使った俳句一覧

  • 草の戸の灯相図やほろと / 芥川龍之介
  • 撃ちとつて艶なやましき子かな / 飯田蛇笏
  • 久遠寺へ閑な渡しや子の声 / 飯田蛇笏
  • 城山の竹叢に鳴く子かな / 飯田蛇笏
  • 草籠の蔭に子や春の山 / 飯田蛇笏
  • ゆかしさのあてあてしきや子の声 / 上島鬼貫
  • 隠すべき事もあれ也の声 / 加賀千代女
  • 夜になれば笑ふ気になる子かな / 加賀千代女
  • 子鳴て山は朝寝のわかれかな / 加賀千代女
  • 子啼やおもはぬ事も思ふ比 / 加賀千代女
  • 若くさや尾の顕はるる子の声 / 加賀千代女
  • 難所なる蠑螺上りやの声 / 河東碧梧桐
  • 山焼きに出て夜を逐ふくらさかな / 河東碧梧桐
  • 山寺へ上す籠や風薫る / 河東碧梧桐
  • 学校の冬木にの棲める朝 / 河東碧梧桐
  • 草原を覗れてなく子哉 / 久保田兎園
  • 揚巻の国はいづこぞの声 / 久保田万太郎

春の季語一覧

おすすめの記事