新年の季語「小豆粥(あずきがゆ)」を使った俳句一覧




新年の季語「小豆粥(あずきがゆ)」の解説

小豆粥(あずきがゆ)は、陰暦の正月十五日の小正月の朝に米と小豆を炊き込んだ粥のことをいいます。邪気や疫病を払う力が、この粥にあると信じられています。

新年の季語「小豆粥(あずきがゆ)子季語・関連季語・傍題・類語など

十五日粥(じゅうごにちがゆ)/赤小豆粥(あずきがゆ)/望の粥(もちのかゆ)

新年の季語「小豆粥(あずきがゆ)を使った俳句一覧

新年の季語一覧



おすすめの記事