新年の季語「初湯(はつゆ)」を使った俳句一覧

目次




新年の季語「初湯(はつゆ)」の解説

初湯は、年が明けてから風呂に初めて入ることをいいます。初めて風呂に入るのは、正月一日ではなく、二日の昼間でした。

新年の季語「初湯(はつゆ)子季語・関連季語・傍題・類語など

若湯(わかゆ)/初風呂(はつぶろ)/初湯殿(はつゆどの)

新年の季語「初湯(はつゆ)を使った俳句一覧

新年の季語一覧



おすすめの記事