冬の季語「鳰(かいつぶり)」を使った俳句一覧




冬の俳句自動作成

冬の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/winter1/

冬の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/winter2/

冬の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/winter3/

冬の季語「鳰(かいつぶり)の解説

鳰(カイツブリ)は、小型の毛糸玉のような水鳥のことをいいます。鳰は、沼や湖に棲んでおり、「鳰の海」と古くはいわれ、よく琵琶湖の水辺などで見かけます。

冬の季語「鳰(かいつぶり)子季語・関連季語・傍題・類語など

赤頸かいつぶり(あかえりかいつぶり)/耳かいつぶり(みみかいつぶり)/羽白かいつぶり(はじろかいつぶり)/かいつむり/におどり/潜り鳥(むぐりどり)/一丁潜り(いちょうむぐり)/八丁潜り(はっちょうむぐり)

の季語「鳰(かいつぶり)」を使った俳句一覧

冬の季語一覧



おすすめの記事