秋の季語「名月(めいげつ)」を使った俳句一覧




秋の俳句自動作成

秋の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/autumn1/

秋の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/autumn2/

秋の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/autumn3/

秋の季語「名月(めいげつ)」の解説

名月は、陰暦の八月十五日の月のことをいいます。小林一茶の俳句の「名月をとつてくれろと泣く子かな」にもあるように、大きな月きで手を伸ばすと届きそうなものです。

秋の季語「名月(めいげつ)子季語・関連季語・傍題・類語など

十五夜(じゅうごや)/仲秋節(ちゅうしゅうせつ)/芋名月(いもめいげつ)/今日の月(きょうのつき)/今宵の月(こよいのつき)/月今宵(つきこよい)/三五夜(さんごや)/三五の月(さんごのつき)/端正の月(たんしょうのつき)/名高き月(なだかきつき)/望月(もちづき)/望の夜(もちのよ)/満月(まんげつ)/明月(めいげつ)

秋の季語「名月(めいげつ)を使った俳句一覧

秋の季語一覧



おすすめの記事