春の季語「菫(すみれ)」を使った俳句一覧




春の俳句自動作成

春の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/spring1/

春の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/spring2/

春の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/spring3/

春の季語「菫(すみれ)」の解説

菫(スミレ)は、濃い紫色の花が春に咲きます。この小さい花をめでて、「菫ほどな小さき人に生まれたし」と夏目漱石は詠みました。

春の季語「菫(すみれ)」の子季語・関連季語・傍題・類語など

壷すみれ(つぼすみれ)/姫すみれ(ひめすみれ)/茜すみれ(あかねすみれ)/岡すみれ(おかすみれ)/山すみれ(やますみれ)/野路すみれ(のじすみれ)/雛すみれ(ひなすみれ)/藤すみれ(ふじすみれ)/桜すみれ(さくらすみれ)/小すみれ(こすみれ)/叡山すみれ(えいざんすみれ)/花菫(はなすみれ)/菫草(すみれぐさ)/菫野(すみれの)/菫摘む(すみれつむ)/相撲花(すもうばな)/一夜草(ひとよぐさ)/一葉草(ひとはぐさ)/ふたば草(ふたばぐさ)

春の季語「菫(すみれ)」を使った俳句一覧

春の季語一覧



おすすめの記事