山口素堂の俳句
  • 富士山や遠近人の汗拭ひ
  • 梅の風俳諧國にさかむなり
  • 海苔若和布汐干のけふぞ草のはら
  • 夕哉月を咲分はなのくも
  • 初鰹またじとおもへば蓼の露
  • 戦けりほたる瀬田より参合
  • 峠凉し沖の小島のみゆ泊り
  • 富士山やかのこ白むく土用干
  • 鬼灯や入日をひたす水のもの
  • 茶の花や利休が目にはよしの山
  • 凩も筆捨にけり松のいろ
  • 小僧来り上野は谷中の初櫻
  • 目には青葉山郭公はつ鰹
  • 富士は扇汗は清見が關なれや
  • 六月やおはり初物ふじの雪
  • 武蔵野やそれ釋尊の胸の月
  • 武蔵野や月宮殿の大廣間
  • 夕立や虹のから橋月は山
  • 廻廊や紅葉の燭鹿の番
  • 入船やいなさそよぎて秋の風
  • 宿の春何もなきこそ何もあれ
  • 市に入てしばし心を師走哉
  • 春もはや山吹しろく苣苦し
  • 芭蕉いづれ根笹に霜の花盛
  • 年に一夜王子の狐見にゆかん
  • 春も早山吹白く苣苦し
  • 雪なだれ妻は炉辺に居眠れり
  • 何となくそのきさらぎの前のかほ
  • 目には青葉山ほとゝぎすはつ鰹
  • 棉の花たま/\蘭に似たるかな
  • 三日月に必ず近き星一つ
  • 古足袋や身程の宿の衣配り




山口素堂 プロフィール

山口 素堂(やまぐち そどう、寛永19年5月5日(1642年6月1日) - 享保元年8月15日(1716年9月30日))



おすすめの記事