篠原温亭の俳句
  • 一本の銀杏を廻り落葉掃く
  • はせ栗の落つれば拾ふ住居哉
  • 新涼や水深くみて橋渡る
  • 麦踏の常の歩みに畑を出づ
  • 小さき鉢に取りて雛菊鮮かに
  • 独り焼く目刺や切にうち返し
  • 桶水に浮きて軽さよ土筆
  • 春雪の周囲は解けてヒヤシンス
  • 絹袷さらりとほぐし着たるかな
  • 匍初めし穂麦の中の胡瓜苗
  • なめらかに石を越えたる蜥蜴かな
  • 勤行に寝冷の腹を労れり
  • 萱刈の地色広げて刈進む
  • 胴着着て胸の厚さを合せけり




篠原温亭 プロフィール

篠原 温亭(しのはら おんてい、1872年3月9日(明治5年2月1日) - 1926年(大正15年)9月2日)

おすすめの記事