村上鬼城の俳句

あかあかと大風に沈む春日かな
あはれさや犬鳴き歩く火事の中
あるたけの藁かかへ出ぬ冬構
いがみ合うて猫分れけり井戸の端
いささかの金欲しがりぬ年の暮
いささかの借もをかしや大三十日
うす寒く老の假寝や花曇
うつろ木のたたけば鳴りて桜かな
うとうとと生死の外や日向ぼこ
お机に金襴かけて十夜かな
お地蔵や屋根しておはす青芒
かたばみの花見付けたり仮の宿
かりそめに京にある日や虎が雨
きびきびと爪折り曲げて鷹の爪
くたくたと散つてしまひぬ薔薇の花
ぐわうぐわうと夏野くつがへる大雨かな
けふの月馬も夜道を好みけり
コスモスの花に蚊帳乾す田家かな
こまごまと榾割つて乾す主かな
さいかちの落花に遊ぶ蟇
さみしさに早飯食ふや秋の暮
さみしさに窓あけて見ぬ虫の声
さみしさや音なく起つて行く蛍
じやが芋の花に屯田の詩を謡ふ
じやが芋咲いて浅間ケ嶽の曇かな
しらしらと人踏まで暮るる落花かな
せきれいの波かむりたる野分かな
せきれいや水裂けて飛ぶ石の上
たかんなに縄切もなき庵かな
たんと食うて大きうなれや今年米
ちりぢりに出て遊びけり蛙の子
でで虫の草に籠りて土用かな
てふてふの虻に逃げたる高さかな
てふてふや草にもどりて日暮るる
とけて浮く氷の影や水の底
どこからか日のさす閨や嫁が君
としごろの娘二人や若布賣
ねもごろに一本の茶を摘みにけり
ひとりゐて静に蘭の花影かな
ふきかへて栗の花散る藁家かな
ふくよかにすわりめでたし鏡餅
ぼうたんの蕾に水をかくるなよ
ほうほうと枯れてぬくしや茅の花
ほそぼそと起き上りけり蕎麦の花
ほぞぼそと白き煙や蚊遣香
ほの赤く掘起しけり薩摩芋
まひまひや影ありありと水の底
まひまひや深く澄みたる石二つ
もろこしの花の月夜に住む家かな
もろこしや節々折れて道の端
ゆさゆさと大枝ゆるる桜かな
よく光る高嶺の星や寒の入り
よろよろと螽吹かれぬ実なし草
わら家根や一八咲いて橋の下
わら家根や南瓜咲いて雲の峯
虻飛んで一大円をゑがきけり
庵主の菖蒲茣蓙して薄緑
庵主や寒き夜を寐る頬冠
衣更野人鏡を持てりけり
一つづつ寒き影あり仏達
一つ残りて落ち尽したる椿かな
一軒家天に烟らす枯野かな
一汁の掟きびしや根深汁
一壺かろく正月三日となりにけり
稲掛けて菊隠れたる垣根かな
稲刈りて草の螽となりにけり
稲光雲の中なる清水寺
稲妻の射こんで消えぬ草の中
稲雀降りんとするや大うねり
茨咲くや二三荷流す牛の糞
芋の葉や赤く眼にしむ赤蜻蛉
芋掘の拾ひのこしし子芋かな
雨の中に落ちて重なる椿かな
雨の中を飛んで谷越す閑古鳥
雨乞や僧都の警護小百人
雨降りて願いの糸のあはれなり
鵜飼の火川底見えて淋しけれ
瓜小屋に伊勢物語哀れかな
瓜小屋や夕立晴れて二日月
永き日の自ら欺くに由もなし
炎天や天火取りたる陰陽師
縁側に俵二俵や冬籠
縁側のそりくりかへるお初凪
縁側のの日にゑひにけりお元日
遠山に暖き里見えにけり
遠山の雪に飛びけり烏二羽
屋根の雪雀が食うて居りにけり
屋根ふいて柊の花に住みにけり
牡蠣舟のともりて満ちぬ淀の川
何燃して天を焦すぞ暮の春
夏近き近江の空や麻の雨
夏近き曾我中村の水田かな
夏山や鍋釜つけて湯治馬
夏痩や今はひとりの老の友
夏草に這上がりたる捨蚕(すてご)かな
夏草に這上りたる捨蚕かな
夏草や繭を作りて死ぬる虫
夏夕蝮を売って通りけり
夏籠や仮に綴ぢたる薄表紙
夏籠や月ひそやかに山の上
家鳩や二三羽降りて明易き
河豚の友そむきそむきとなりにけり
火燵して老の飯くふうるかかな
花ちりて春敲御門祭静かなり
花ちりて地にとどきたる響かな
花の色もほのかに老木櫻かな
花雲のかかりて暮れぬ三軒家
花見えて四五枚蘭の長葉かな
花散つてきのふに遠き静心
花散るや耳ふって馬おとなしき
茄子汁の汁のうすさや山の寺
蚊いぶしに浅間颪の名残かな
蚊を打つて大きな音をさせにけり
蚊柱や吹きおろされてまたあがる
蚊帳の中に親いまは亡し月あがる
海の上にくつがへりけり雲の峰
芥子の花がくりと散りぬ眼前
街道やはてなく見えて秋の風
街道をキチキチととぶばったかな
蛙の子泥をかむりて隠れけり
柿の木に梯子をかける接木かな
柿秋や追へどすぐ来る寺烏
柿売つて何かうふ尼の身そらかな
学問を憎んで踊る老子の徒
樫の実の落ちて駆け寄る鶏三羽
樫の木に雀這入る 霙かな
葛水の冷たう澄みてすずろ淋し
寒行の提灯ゆゆし誕生寺
寒鮒を突いてひねもす波の上
眼前に芭蕉破るる風の秋
岩藤や犬吼え立つる橋の上
雁金の帰り尽して闇夜かな
嬉しさや大豆小豆の庭の秋
帰花咲いて虫飛ぶ静かな
鬼灯の垣根くぐりて咲きにけり
祇園会や万燈たてて草の中
蟻出るやごうごうと鳴る穴の中
菊根分呉山の雪の覚束な
球を吐く水からくりや心太
橋の上に猫ゐて淋し後の月
蕎麦はえて二百二十日の細雨
蕎麦打つて雛も三月五日かな
玉階の夜色さみしき芭蕉かな
桐の葉のうら返りして落ちにけり
苦吟の僧焼芋をまゐられけり
桑の實や二つ三つ食ひて甘かつし
鍬始浅間ケ嶽に雲か ゝる
君来ねば柱にかけし団扇かな
軍鶏の胸のほむらや萩が下
蛍来よ来よ魂も呼んで来よ
迎火や年 々焚いて石割るる
迎火や恋しき親の顔知らず
月さして一ト間の家でありにけり
月さして一間の家でありにけり
月さして古蚊帳さむし十六夜
月蝕をおそれて菊に傘しけり
月浮いてまひまひ遊ぶ野川かな
犬蓼の花にてらつく石二つ
犬蓼の花に水落ち石出たり
元旦やふどしたたんで枕上
元日やさみしう解ける苞納豆
元日やふどしたたんで枕上ミ
玄関に大きな鉢の牡丹かな
玄関の下駄に日の照る残暑かな
古を好む男の蕎麦湯かな
古鍬を研ぎすましたる 飾かな
呼べど返らず落花に肥ゆる土の色
己が影を慕うて這へる地虫かな
戸を開けて田螺の國の静さよ
枯枝に足ふみかへぬ寒雀
枯草にてらつく石の二つ見ゆ
袴着や将種嬉しき廣額
袴着や老の一子の杖柱
虎渓山の僧まゐりたる彼岸かな
五月雨のふり潰したる藁家かな
五月雨や起き上りたる根無草
五月雨や起上がりたる根無草
五月雨や松笠燃して草の宿
五月雨や浮き上りたる船住居
後の月に破れて芋の広葉かな
後の月に明るうなりぬ八重葎
御慶申す手にいたいたし按摩膏
御経の金泥へげて八重桜
御仏のお顔のしみや秋の雨
鯉幟眼に仕掛ある西日かな
紅葉してしばし日の照る谷間かな
紅葉すれば西日の家も好もしき
行秋や糸に吊るして唐辛子
行秋や蠅に噛み付く蟻の牙
行春や畑にほこる葱坊主
行春や淋しき顔の酒ぶくれ
高く吊つて蚊帳新しき折目かな
黒うなつて茨の実落つる二月かな
今朝秋や見入る鏡に親の顔
今日の月馬も夜道を好みけり
根杭を打ち飛ばしけり芹の中
魂棚の見えて淋しき寐覚かな
菜の花の夜明の月に馬上かな
菜種咲いて風なき国となりにけり
冴返る庵に小さき火鉢かな
冴返る川上に水なかりけり
朔日や朝顔さいて朝灯
雑煮食うてねむうなりけり勿体な
雑煮食ふや卓にかけたる白木綿
三軒家生死もありて冬籠
傘にいつか月夜や時鳥
傘について御室の花やほされけり
山かげの田に弓勢の案山子かな
山の上の月に咲きけり蕎麦の花
山の日のきらきら落ちぬ春の川
山寺に蒟蒻売りや春寒し
山寺や彼岸桜に畳替
山寺や蝙蝠出づる縁の下
山吹に大馬洗ふ男かな
山茶花や二枚ひろげて芋筵
山畑に巾着茄子の旱かな
山畑や茄子笑み割るる秋の風
山門の根深畑や初大師
蚕飼して夜明くる家や栗の花
残雪やごうごうと吹く松の風
市に住んで雀の親の小ささよ
市の灯に寒き海鼠のぬめりかな
糸瓜忌や秋はいろいろの草の宿
糸瓜忌や俳諧帰するところあり
事もなげに浮いて大なる蛙かな
寺焼けて門に玉巻く芭蕉かな
寺灯りて死ぬる人あり大三十日
慈姑田のうすらひとくる初日かな
時鳥鳴くと定めて落居けり
滋恩寺の鐘とこそ聴け春の雨
治聾酒の酔ふほどもなくさめにけり
鹿の角何にかけてや落したる
鹿の子やふんぐり持ちて頼母しき
鴫立つて我れ来し方へ飛びにけり
七夕や笹の葉かげの隠れ星
柴漬やをねをね晴れて山遠し
柴漬や川上に水なかりけり
芝焼けて蒲公英ところどころかな
煮凝にうつりて鬢の霜も見ゆ
若うどや大鮫屠る宵の冬
若水のけむりて見ゆる静かな
手桶提げてこまごまと買ふや年の市
手燭して茄子漬け居る庵主かな
手燭して妹が蚕飼や時鳥
種蒔いて暖き雨を聴く夜かな
種蒔や縄引き合へる山畑
酒飲まぬ豪傑もあり柏餅
秋の日に泰山木の照葉かな
秋の暮水のやうなる酒二合
秋の夜や帙を脱する二三巻
秋の夜を薬師如来にともしけり
秋雨や石にはえたる錨草
秋雨や柄杓沈んで草清水
秋雲や見上げて晴るる棚畑
秋海棠の広葉に墨を捨てにけり
秋近し土間の日さること二寸
秋空や逆立したるはね釣瓶
秋空や日落ちて高き山二つ
秋山や影して飛べる山鴉
秋水に根をひたしつも畳草
秋水や生えかはりたる眞菰草
秋川に釣して亀を獲たりけり
秋風に忘勿草の枯れにけり
秋立つと出て見る門やうすら闇
舟道の深く澄みけり冬の川
十五夜の月に打ちけり鱸網
十五夜やすゝきかざして童達
十薬や石垣つづく寺二軒
十六夜のだしぬけ雨に降られけり
渋柿の落花する井を汲みにけり
出水して雲の流るる大河かな
出水や牛引出づる真暗闇
春の雪麦畑の主とく起きぬ
春の日や高くとまれる尾長鶏
春の夜や灯を囲み居る盲者達
春雨やたしかに見たる石の精
春雨や拝殿でする宮普請
春寒やぶつかり歩く盲犬
春寒や掘出されたる蟇
春月に木登りするや童達
春山や家根ふきかへる御ん社
春山や岩の上這う山歸來
春山や松に隠れて田一枚
春惜む同じ心の二法師
春雪にしばらくありぬ松の影
春雪や小倉山下の京菜畑
春川に舟新しき鵜飼かな
春川の日暮れんとする水嵩かな
春川や橋くぐらんとする帆掛舟
春待や草の垣結ふ縄二束
春待や峰の御坊の畳替
春雷にお能始まる御殿かな
初午や枯木二本の御ん社
初午や神主もして小百姓
初雀翅ひろげて降りけり
暑き日や家根の草とる本願寺
暑き日や立ち居に裂ける古袴
暑き日や簾編む音ぱさりぱさり
暑き日や鰌汁して身をいとふ
女夫して実家に遊ぶや春の宵
女房をたよりに老ゆや暮の秋
除夜の鐘撞き出づる東寺西寺かな
将門と純友と河豚の誓かな
小さうもならでありけり茎の石
小さき子に曳かれていばゆ田植馬
小さなる栗乾しにけり山の宿
小さなる屠蘇の杯一つづつ
小舟して湖心に出でぬ天の川
小春日に七面鳥の闊歩かな
小春日や烏つないで飼へる家
小春日や石をかみ居る赤とんぼ
小春日や石を噛みゐる赤蜻蛉
小春日や石を噛み居る赤蜻蛉
小鳥この頃音もさせずに来て居りぬ
小鳥ゐて朝日たのしむ冬木かな
松風に近江商人昼寐かな
松風のごうごうと吹くや蕨取り
樟欅御門頼母しき青葉かな
焼跡やあかざの中の蔵住ひ
菖蒲かけて雀の這入る庇かな
菖蒲太刀ひくづつて見せ申さばや
衝立に隠れて暑き食事かな
振り立つる大万燈に時雨かな
新しき箕して乾したる棗かな
新らしき笠のあるじに風光れ
新らしき蒲団に聴くや春の雨
新茶して五ヶ国の王に居る身かな
新米を食うて養ふ和魂かな
新涼や二つ小さき南瓜の実
榛名山大霞して真昼かな
真菰生えて春水到ること早し
真木割つて寒さに堪ふや痩法師
親よりも白き羊や今朝の秋
親鳥の高浪に飛ぶ浮巣かな
身に入むや白髪かけたる杉の風
人の中を晏子が御者の熊手かな
人起てば冬蠅も起つ炉辺かな
仁術や小さき火鉢に焚落し
吹きよせて落花の淵となりにけり
水すまし水に跳て水鉄の如し
水の上火竜の走る花火かな
水の邊や恩鍬はづして田植馬
水引の花が暮るれば灯す庵
水引の花奉れ命婦達
水郷や家くぐらする蚊を焼く火
水晶宮裏師走の蘭の咲きにけり
水鳥に吼立つ舟の小犬かな
水鳥の胸突く浪の白さかな
水泡の相寄れば消ゆ蓮の花
水泡を跳り越えけり水馬
水涸れて狼渡る月夜かな
杉の実や鎖にすがるお石段
雀子の大きな口を開きにけり
雀子や親と親とが鳴きかはす
雀来て歩いてゐけり餅筵
世を恋ふて人を恐るる余寒かな
生きかはり死にかはりして打つ田かな
生涯の慌しかりし湯婆かな
西行の御像かけて二月寺
西日して木の芽花の如し草の宿
青桐の落花に乾すや寺の傘
青梅の葉蔭に見ゆるほどになんぬ
青柳の木の間に見ゆる氷室かな
青柳や幕打張つて飛鳥井家
青葉して錠のさびつく御廟かな
青葉して浅間ヶ嶽のくもりかな
静さに堪へで田螺の移りけり
石ころも霞みてをかし垣の下
石に植えてさつきの花の咲きにけり
石の上に洗うて白き根深かな
石の上に椿並べて遊ぶ子よ
石灰を秋海棠にかくるなよ
石山に四五本漆紅葉かな
石段に根笹はえけり夏の山
石段に杉の実落ちて山眠る
石段の氷を登るお山かな
積藁に朝日の出づる冬野かな
赤う咲いてそらぞらしさや毒うつぎ
赤城山に真向の門の枯木かな
蝉取りのぢぢと鳴かして通りけり
仙人掌の角の折れたる余寒かな
仙人掌の奇峰を愛す座右かな
川上は無月の水の高さかな
川澄んで後ろさがりに鮎落つる
川底に蝌斗の大国ありにけり
川底に蝌蚪の大国ありにけり
川風に吹き戻さるるてふてふかな
扇絵やありともなくて銀の波
浅間山春の名残の雲かかる
浅漬や糠手にあげる額髪
船ばたに竝んで兄鵜弟鵜かな
船中に日陰を作る日傘かな
岨道を牛の高荷や木瓜の花
鼠ゐて棗を落す草の宿
早乙女や泥手にはさむ額髪
痩馬にあはれ灸や小六月
痩馬のあはれ機嫌や秋高し
相逐うて流れをのぼる水馬
草の戸にふやけて咲くや猫柳
草の戸や土間も灯りて亥の子の日
草の戸や二本さしたる蝿たたき
草庵に二人法師やむかご飯
草庵や隈なく見えて稲光
草餅に焼印もがな草の庵
草箒二本出来たり庵の産
藻を刈つて淋しき沼の無月かな
走馬燈消えてしばらく廻りけり
送火や迎火たきし石の上
送火や僧もまゐらず草の宿
霜いたし日 々の勤めの老仲間
霜月やかたばみ咲いて垣の下
霜除に菜の花黄なりお正月
打水や塀にひろがる雲の峯
打網の竜頭に跳る鱸かな
帯解や立ち居つさする母の親
待宵やすすきかざして友来る
待宵やふところ紙の仮つづり
苔さくや親にわかれて二十年
大雨に獅子を振りこむ祭かな
大釜に春水落す筧かな
大寒やあぶりて食ふ酒の粕
大寒や下仁田の里の根深汁
大空をあふちて桐の一葉かな
大根に蓑着せて寐ぬ霜夜かな
大根を隣の壁にかけにけり
大根引馬おとなしく立眠り
大寺や霜除しつる芭蕉林
大石や二つに割れて冬ざるる
大滝を好んで飛べる燕かな
大男のあつき涙や唐辛子
大鳥の空摶つて飛ぶ枯野かな
大南瓜これを敲いて遊ばんか
大錨載せて漕出ぬ花見舟
大木に日向ぼつこや飯休み
大木の表ぬれけり冬の雨
大門に閂落す朧かな
大葉子の広葉食ひ裂く雀かな
鷹のつらきびしく老いて哀れなり
鷹老いてあはれ烏と飼はれけり
濁流や腹をひたして飛ぶ燕
棚畑のすみずみ冴えて見えにけり
谷の日のどこからさすや秋の山
谷橋に来て飯に呼ぶ藤の花
谷川に朱を流して躑躅かな
谷底へ案山子を飛ばす嵐かな
谷風に吹きそらさるる蜻蛉かな
炭竃の煙らで涼しうつぎ咲く
炭取りのひさごより低き机かな
短日や樫木原の葱畑
短夜や舟してあぐる鰻縄
短夜や枕上なる小蝋燭
短夜や梁に落ちたる大鯰
暖く西日に住めり小舎の者
暖や馬つながれて立眠り
男子生れて青山青し夏の朝
智月尼の納豆汁にまじりけり
稚子達に山笑ふ窓を開きけり
遅き日の暮れて淋しや水明り
遅き日や家業たのしむ小百姓
竹うごいて影ふり落す余寒かな
竹垣に咲いてさがれり藤の花
茶畑に葭簀かけたる薄日かな
昼顔にレールを磨く男かな
昼顔に猫捨てられて泣きにけり
虫ばんで古き錦や葉鶏頭
朝寒や馬のいやがる渡舟
朝寒や白き頭の御堂守
朝顔のつる吹く風もなくて晴れ
長き夜の物書く音に更けにける
長閑さやてふてふ二つ川を越す
長閑さや鶏の蹴かへす藁の音
頂上の風に吹かるる尾花かな
柘榴ちつて珊瑚瑪瑙をしく庭よ
椿咲く親王塚や畑の中
爪を切るほうけ話や昼霞
庭の雨花の篝火消して降る
提灯で戸棚をさがす冬夜かな
提灯で泥足洗ふ夜寒かな
提灯に風吹き入りぬ五月闇
泥芋を洗うて月に白さかな
泥水をかむりて枯れぬ芋畑
泥塗つて柘榴の花の取木かな
摘草や帯引きまはす前後ろ
摘草や笊市たちて二三軒
天井に高く燃えあがる榾火かな
田のくろに猫の爪研ぐ燕かな
田草取田の口とめて去にけり
田螺売る津守の里の小家かな
土くれにはえて露おく小草かな
土くれに二葉ながらの紅葉かな
冬に日のかつと明るき一間かな
冬の月深うさしこむ山社
冬の日や軒にからびる唐辛子
冬の日や前に塞がる己が影
冬の日や前に塞る己が影
冬雨や万竿青き竹の庵
冬雲の降りてひろごる野づらかな
冬雲を破りて峯にさす日かな
冬空を塞いで高し榛名山
冬山に住んで葛の根搗きにけり
冬山へ高く飛立つ雀かな
冬山を伐つて日当る墓二つ
冬川に青々見ゆる水藻かな
冬蜂の死にどころなく歩きけり
冬蜂の死に所なく歩きけり
冬蠅をなぶりて飽ける小猫かな
唐黍を四五本植ゑて宿直かな
桃咲いて厩も見えぬ門の内
灯を消して夜を深うしぬ秋の声
燈籠のさみしく灯る真昼かな
燈籠提げて木の間の道の七曲り
藤浪や峰吹きおろす松の風
闘鶏の眼つぶれて飼はれけり
道あるに雪の中行く童かな
道端に縄垣したり罌粟の花
道端の義家桜実となりぬ
曇る日や高浪に飛ぶむら燕
南瓜咲いて西日はげしき小家かな
南瓜大きく畑に塞る二つかな
二三尺月に吹上ぐる吹井かな
二三疋落葉に遊ぶ雀かな
二三本鶏頭植ゑて宿屋かな
二人してひいて遊べよ糸桜
二百十日の月に揚げたる花火かな
日除して百日紅を隠しけり
日盛や合歓の花ちる渡舟
日暮るるに竿続ぎ足すや小鮎釣
日暮るるに取替へてつく手毬かな
日落ちて海山遠し帰る雁
禰宜(ねぎ)達の足袋だぶだぶとはきにけり
禰宜達の足袋だぶだぶとはきにけり
猫のゐてぺんぺん草を食みにけり
猫のゐて両眼炉の如し冬の月
猫の眼の螽に早しけさの冬
猫の子や親を離れて眠り居る
猫老いて鼠も捕らず炬燵かな
年玉や水引かけて山の芋
念力のゆるめば死ぬる大暑かな
納豆に冷たき飯や山の寺
芭蕉忌やとはに淋しき古俳諧
馬に乗つて河童遊ぶや夏の川
馬に乗つて千里の情や青嵐
俳諧の帳面閉ぢよ除夜の鐘
梅が香や広前にゐて鶏白し
梅干や中山道の小家勝ち
煤掃いて蛇渡る梁をはらひけり
煤掃いて卑しからざる調度かな
白雲のしづかに行きて恵方かな
白菊に紅さしそむる日数かな
白菊をここと定めて移しけり
白酒やもらひためたる小盃
白頭を大事にかけよ夏帽子
白百合の花大きさや八重葎
麦刈の大きな笠に西日かな
麦刈や娘二人の女わざ
麦刈れば水到り田となりぬ
麦蒔いて一草もなき野面かな
麦蒔や西日に白き頬被
麦蒔や土くれ燃してあたたまる
麦飯に何も申さじ夏の月
麦飯に痩せもせぬらり古男
畑打のよき馬持ちて踏ませけり
八重櫻地上に畫く大伽藍
蛤に雀の斑あり哀れかな
板橋や踏めば沈みてあやめ咲く
飛騨山の質屋も幟たてにけり
枇杷咲いてこそりともせぬ一日かな
美しきほど哀れなりはなれ鴛
美しき蒲団かけたり置火燵
美しき娘の手習や宵の春
美食して身をいとへとや寒の内
菱の実と小海老と乾して海士が家
百姓に雲雀揚つて夜明けたり
苗代にひたひた飲むや烏猫
斧揮つて氷を砕く水車かな
浮く蛙居向をかへて浮きにけり
浮草や蜘蛛渡りゐて水平ら
蕪村忌やさみしう挿して正木の実
風邪ひいて目も鼻もなきくさめかな
風吹いてうちかたまりぬ蛙の子
風呂吹や朱唇いつまでも衰へず
風呂敷に包んで持てり夏羽織
蕗の薹や桐苗植ゑ棒の如し
蕗の薹二寸の天にたけにけり
福寿草咲いて筆硯多祥かな
米搗に大なる春の月のぼる
壁土を鼠食みこぼす夜寒かな
片隅に小さう寐たり冬座敷
放生会二羽の雀にお経かな
蜂の巣のこはれて落ちぬ今朝の冬
亡き人の短尺かけて暮の春
北山の遠雷や湯あみ時
北山の雷封ぜよ御坊達
北窓をこぢ放しけり鶏の中
北風にうなじ伏せたる荷牛かな
北風に鼻づら強き雄姿かな
本堂に秋の夕日のあたりけり
埋火や思ひ出ること皆詩なり
妹が垣伏見の小菊根分けり
繭玉や店ひろびろと船問屋
万燈を消して侘しき祭かな
蓑笠に大雨面白き夏野かな
蓑虫やはらはら散つて李の木
無信心の顔見られけり寺の花
霧晴れてはてなく見ゆる泥田かな
椋鳥や草の戸を越す朝嵐
明月や海につき出る利根の水
鳴かねども河鹿涼しき座右かな
綿入や妬心(としん)もなくて妻哀れ
木の芽してあはれ此世にかへる木よ
木犀や月の宴の西の対
木兎やほうと追はれて逃げにけり
目ざましき柿に紅葉の草家かな
門さして寺町さみし三ケ日
門の内馬もつないで 幟かな
門を出づれば東風吹き送る山遠し
門を出て師走の人に交りけり
門口に油掃除や秋の暮
野を焼くやぽつんぽつんと雨到る
野を焼くや風曇りする榛名山
野分して早や枯色や草の原
薬玉をうつぼ柱にかけにけり
柳ちるや板塀かけて角屋敷
薮入にまじりて市を歩きけり
柚子湯や日がさしこんでだぶりだぶり
柚子味噌して膳賑はしや草の宿
柚子味噌に一汁一菜の掟かな
柚味噌して膳賑はしや草の宿
夕霞烏のかへる国遠し
夕焼のはたと消えけり秋の川
夕焼やうぐひ飛出る水五寸
夕立や池に竜住む水柱
揚げ土に陽炎を吐く田螺かな
陽炎や鵜を休めたる籠の上
雷の落ちてけぶりぬ草の中
落る日を山家さみしくかすみけり
落鮎に水摩つて行く投網かな
落水浮草咲いて流れけり
落葉して心許なき接木かな
落葉して心元なき接木かな
梨畑や二つかけたる虎鋏
里犬を追出してゐる鳴子かな
里人の堤を焼くや花曇
里人や古歌かたれ山桜
両親に一つづつある湯婆かな
涼しさや犬の寐に来る蔵のかげ
涼しさや白衣見えすく紫衣の僧
淋しさや閨にさし入る居待月
冷やかに住みぬ木の影石の影
礼帳や四五枚とづる長水引
零余子こぼれて鶏肥えぬ草の宿
蓮の実のたがひ違ひに飛びにけり
蓮の葉の完きも枯れてしまひけり
蓮の葉や波定まりて二三枚
蓮華野に見上げて高き日ざしかな
炉開や藪に伐り取る蔓もどき
老が手に抱きあげけり茎の石
老が身に短く着たり夏羽織
老が身の何もいらざる炬燵かな
老が身の皺手に手折る黄菊かな
老ぼれて武士を忘れぬ端午かな
老妻の火燵にゑへるあくびかな
藁積んで門の広さや帰花
蕨たけて草になりけり草の中
蕨出る小山譲りて隠居かな
傀儡師鬼も出さずに去にけり
凩(こがらし)や妙義が岳にうすづく日
凩や手して塗りたる窓の泥
凩や水こし桶に吹きあつる
吼えて遠くなりけり猫の恋
埒近く鼻ひこつかす鹿の子かな
屏風して夜の物隠す桃の花
朧夜や天地砕くる通りもの
榾の火にあぶりて熱き一壺かな
榾の火に大きな猫のうづくまる
鬱金桜色濃く咲いて淋しいぞ
烟るなり枯野のはての浅間山
篝火の尾上にとどく桜かな
茗荷汁つめたうなりて澄みにけり
茗荷汁にうつりて淋し己が顔
葭簀して夕顔の花騙しけり
藪寺の大門晴るる刈田かな
薺咲きぬ三味線草にならであれ
蠣苞にうれしき冬のたよりかな
蛞蝓の歩いて庭の曇かな
蜩に黄葉村舎となりにけり
蝙蝠や三十六坊飯の鐘
蝙蝠や飼はれてちちと鳴きにけり
蝙蝠や飼はれて育つ烏鼠の間
蝙蝠や並んで打てる投網打ち
蟇のゐて蚊を吸い寄する虚空かな
蟇夕の色にまぎれけり
蟷螂に負け吼立つ小犬かな
雹(ひよう)晴れて豁然とある山河かな
飄々と西へ吹かるる花火かな
鳰の巣の見え隠れする浪間かな
鶯や隣へ逃げる薮つづき
鵙鳴くや大百姓の門構
鶉鳴き鳩鳴き雨となりにけり
鶉鳴く葎の宿のしるべかな
鶺鴒の春田のくろを光りけり

おすすめの記事