新年の季語「傀儡師(かいらいし)」を使った俳句一覧




新年の季語「傀儡師(かいらいし、くぐつし)」の解説

傀儡師(かいらいし、くぐつし)は、家々を正月に回って、目出度い舞を人形にさせて祝った門付けの一種のことをいいます。起こりは兵庫県西宮の戎神社といわれています。

新年の季語「傀儡師(かいらいし、くぐつし)子季語・関連季語・傍題・類語など

くぐつ/くぐつ師(くぐつし)/人形廻し(にんぎょうまわし)/木偶廻し(でくまわし)/夷廻し(えびすまわし)/夷かき(えびすかき)/夷おろし(えびすおろし)

新年の季語「傀儡師(かいらいし、くぐつし)を使った俳句一覧

新年の季語一覧



おすすめの記事