新年の季語「初荷(はつに)」を使った俳句一覧




新年の季語「初荷(はつに)」の解説

初荷は、初商いする商品を運ぶための荷物のことをいいます。初荷と書かれているのぼりを立てて、正月二日の朝に景気よく送り出されます。

新年の季語「初荷(はつに)子季語・関連季語・傍題・類語など

初荷馬(はつにうま)/飾馬(かざりうま)/初荷車(はつにぐるま)/初荷橇(はつにぞり)/初荷船(はつにぶね)/初荷駅(はつにえき)

新年の季語「初荷(はつに)を使った俳句一覧

新年の季語一覧



おすすめの記事