夏の季語「泥鰌鍋(どじょうなべ)」を使った俳句一覧




夏の俳句自動作成

夏の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/summer1/

夏の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/summer2/

夏の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/summer3/

夏の季語「泥鰌鍋(どじょうなべ)の解説

泥鰌鍋(どじょうなべ)は、一般的に笹がきにした牛蒡と一緒に一匹ものの泥鰌あるいは割いた泥鰌を煮て卵で閉じたものをいいます。夏の乗り切るためには、泥鰌鍋はぴったりです。

夏の季語「泥鰌鍋(どじょうなべ)子季語・関連季語・傍題・類語など

どぜう鍋(どじょうなべ)/泥鰌汁(どじょうじる)/柳川鍋(やながわなべ)

夏の季語「泥鰌鍋(どじょうなべ)」を使った俳句一覧

夏の季語一覧



おすすめの記事