長谷川零余子の俳句
  • 団扇持ちてたそがれ顔の庵主かな
  • 蛍這へる葉裏に水の迅さかな
  • 山焼の茶屋に書きたる手紙かな
  • 黄水仙に尚霜除のありにけり
  • 腹減るとにはあらねども蕨餅
  • 雛芥子は美しけれど妹恋し
  • 夕暮やけしの坊主の又殖ゆる
  • 鯒王の砂ゆるがして游ぎけり
  • 一夜々々星高くある槐かな
  • 冷かな灯にかゞみ書く畳かな




長谷川零余子 プロフィール

長谷川 零余子(はせがわ れいよし、1886年(明治19年)8月20日 - 1928年(昭和3年)7月27日)

おすすめの記事