冬の季語「氷柱(つらら)」を使った俳句一覧




冬の俳句自動作成

冬の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/winter1/

冬の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/winter2/

冬の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/winter3/

冬の季語「氷柱(つらら)の解説

氷柱は、木の枝や家の軒、岩や石などから垂れ下がる水のしずくが凍結したものをいいます。寒い地域では、地面まで届くようなものもあります。

冬の季語「氷柱(つらら)子季語・関連季語・傍題・類語など

垂氷(たるひ)/立氷(たちひ)/銀竹(ぎんちく)/氷条(ひょうじょう)/氷箸(ひょうちょ)/氷笋(ひょうじゅん)/氷筋(ひょうきん)

の季語「氷柱(つらら)」を使った俳句一覧

  • 軒の氷柱に息吹つかけて黒馬よ黒馬よ / 臼田亞浪

冬の季語一覧



おすすめの記事