みじかいく・短い句【超初心者向け俳句百科ハイクロペディア/蜂谷一人】

一番短い俳句は大橋裸木(おおはしらぼく1890~1933)の

陽へ病む(ひへやむ)

だと言われています。わずか4音。裸木は「層雲」という自由律の結社に属し、主宰の荻原井泉水(おぎわらせいせんすい)から「俳句の鬼」と呼ばれたと伝えられています。

 

プロフィール
蜂谷一人
1954年岡山市生まれ。俳人、画人、TVプロデューサー。「いつき組」「街」「玉藻」所属。第三十一回俳壇賞受賞。句集に「プラネタリウムの夜」「青でなくブルー」

公式サイト:http://miruhaiku.com/top.html

おすすめの記事