夏の季語「暑さ(あつさ)」を使った俳句一覧




夏の俳句自動作成

夏の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/summer1/

夏の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/summer2/

夏の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/summer3/

夏の季語「暑さ(あつさ)」を使った俳句一覧

  • 蝶の舌ゼンマイに似る暑さかな / 芥川龍之介
  • はつ猟や暑さおどろく不猟《シケ》端山 / 飯田蛇笏
  • 紫陽花に草紙干す時暑さかな / 飯田蛇笏
  • 日かげなき暑さに堪へて歩むなり / 臼田亞浪
  • 草深く道失へる暑さかな / 臼田亞浪
  • たくましく藤豆育つ暑さかな / 大場白水郎
  • 清水をむすべば解くる暑さ哉 / 越智越人
  • 襟巻をとらぬ茄子の暑さかな / 加賀千代女
  • 蝉の音の秋へこぼれて暑さかな / 加賀千代女
  • かたまりし暑さの果や雲の峰 / 加賀千代女
  • 昼顔の砂踏崩す暑さ哉 / 各務支考
  • 桑畑にけふの暑さのつのりつつ / 久保田万太郎
  • 蕗の葉の日にあらがへる暑さかな / 久保田万太郎
  • 雷除のお札を髪に暑さかな / 久保田万太郎
  • 四萬六千日の暑さとなりにけり / 久保田万太郎
  • 大杉の高さみあぐる暑さかな / 久保田万太郎
  • がてんゆく暑さとなりぬきうりもみ / 久保田万太郎
  • 暑し難行苦行打重ね / 青木月斗
  • 展墓日暑し玉虫袖をあゆむかな / 飯田蛇笏
  • 暑し干潟へおろす米俵 / 飯田蛇笏
  • 郭公のひそみ啼きゐて風暑し / 石橋辰之助
  • 暑しかてゝくはへし大日覆 / 久保田万太郎

夏の季語一覧

おすすめの記事