春の季語「芹(せり)」を使った俳句一覧




春の俳句自動作成

春の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/spring1/

春の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/spring2/

春の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/spring3/

春の季語「芹(せり)」の解説

芹(セリ)は、若菜を摘んで食べる、春の七草の一つです。七草粥、和え物、ひたしにしたり、吸い物に香味料として使ったりします。

春の季語「芹(せり)」の子季語・関連季語・傍題・類語など

芹摘(せりつみ)/芹田(せりた)/芹の水(せりのみず)/田芹(たぜり)/畑芹(はたぜり)/根芹(ねぜり)/水芹(みずぜり)/白芹(しろぜり)/毒芹(どくぜり)/大芹(おおぜり)/婆芹(おばぜり)/益斎芹(えきさいぜり)/沢芹(さわぜり)/沼芹(ぬまぜり)/根白草(ねじろぐさ)/つみまし草(つみましぐさ)

春の季語「芹(せり)」を使った俳句一覧

春の季語一覧



おすすめの記事