嶋田青峰の俳句
  • 出でて耕す囚人に鳥渡りけり
  • 工女等に遅日めぐれる機械かな
  • 曝書しばし雲遠く見て休らひぬ
  • 蛇打つて森の暗さを逃れ出し
  • わが影や冬の夜道を面伏せて
  • 頬冠りが淋しかり人田植にも
  • たゞ蟻の為すまゝに蝶の衰へる
  • 朝寒のこの道を行くつとめ哉
  • 市に暮るゝ師走の人の眉太し
  • 而して蕃茄の酸味口にあり
  • トマト一鉢に露台(バルコニー)の色を集めけり
  • 日輪は筏にそそぎ牡蠣育つ
  • 秋晴れや海のほとりにかえりけり
  • 茴香の花の匂ひや梅雨曇




嶋田青峰 プロフィール

嶋田 青峰(しまだ せいほう、1882年3月8日 - 1944年5月31日)

おすすめの記事