秋の俳句の作り方とは?

秋の俳句の作り方とは?

秋の俳句を作るときは、季節の感じの季感を捉えることが最も大切です。

秋の季感としては、「澄み渡る」「澄む」になります。

秋の季語をこの中で考える必要があります。

秋は、鬱蒼とした夏の感じがなくなって、冬に近くなってきます。

冬の季節は厳しいものになりますが、春とともに秋の季節は過ごしやすいものです。

秋の空気はきれいになって、澄みわたります。

空気が澄みわたっているため、紅葉などが秋晴れで美しくなるのでしょう。

秋の俳句を作るときは、このような季感を大切にするのがコツです。

例えば、秋の季語の爽やか、天高し、新涼、星月夜などというものには何となく済んだ空気の中にいるような感じがするでしょう。

夏にはムンムンと水蒸気などでしていた空気が、秋になれば澄みきった感じになることを把握しておきましょう。

また、秋の季語としては、冷ややか、夜寒、肌寒などというような寒さのようなものもあります。

季語としては冬が来ることが感じられるものです。

暦の上では実際にはお盆の時期から秋になるため、秋の季節としては暑さから寒さまでが含まれたものになっています。

逆にいうと、その分俳句は作りやすいといえるでしょう。

ここでは、秋の俳句についてご紹介します。

「くろがねの秋の風鈴鳴りにけり」(飯田蛇笏)

秋の風鈴が季語になります。

風鈴のみのときは夏の季語になりますが、秋の風鈴となっているので秋の季語になります。

有名な俳句で、単なる風鈴ではなく、くろがねの風鈴です。

このくろがねの金属感が、澄んだ空気の中に高い音をいかにも響き渡るようなイメージがするでしょう。

「名月を取ってくれろと泣く子かな」(小林一茶)

小林一茶の有名な俳句です。

秋というと、月も忘れないようにしましょう。

空気が住んでいるため大きく月が見えます。

この名月の存在感や大きさを、「あれ取って」と子供が駄々をこねる様子を表現した有名な俳句です。

モノで俳句は表現しますが、このように一つの方法としては子供にいわせることもあります。

例えば、子供がいないときでも問題ありません。

俳句のときは、本当のことでなくても問題ありません。

例えば、隣に電車で座った子供がいるということでも、俳句にアレンジして作ってみましょう。

誰もが名月は知っているでしょう。

スーパームーンなどというような画像なども、SNS上では多く見られます。

このようなものも見ながら、俳句を作りましょう。

秋は、運動の秋、食欲の秋などというように、多く体験することがあります。

俳句のネタとしては、紅葉を近くにある公園で見るのもいいでしょうし、コオロギなどの鳴き声を聞くのもいいでしょう。

秋は暑さから寒さまで含まれるため、俳句を作りやすいでしょう。

俳句を秋の夜長に作るのは、非常に素晴らしいと思います。

秋の季語とは?

ここでは、秋の季語についてご紹介します。

紅葉

晩秋に気温が低くなれば、赤や黄に落葉樹の葉は彩られます。

紅葉といえば、最も楓が一般的ですが、漆、銀杏、櫨、桜、柿、欅など、いろいろな木にもあります。

紅葉は鮮やかで、夜と昼の温度差がある北国や山国において、気温が5℃~8℃程度でピークになるといわれています。

紅葉が季語の俳句としては、次のようなものがあります。

「かざす手のうら透き通るもみぢかな」(大江丸)

かざす手は小さな子供のような感じです。

大人に抱かれて、一生懸命手を太陽に向けてかざしています。

そのため、透明感を小さな白い手に感じて、血液も脈々と流れて透けているようで、小さい命さえも浮き出る感じです。

これが本当に紅葉のように愛しいものです。

秋の味覚としては、松茸やなめこ、しめじなどが有名です。

このようなものは大型菌類を総称したもので、山林の朽木や湿地などに生えます。

木の子といわれるようになったのは、樹に生えるためということです。

茸は、晩秋の名物であるため、当然ですが秋の季語になります。

また、紅天狗茸や月夜茸は色が美しいものですが、猛毒であるため注意しましょう。

毎年、茸狩りの事故として報道されています。

秋の季語としては、毒茸、茸山などがあります。

秋風

秋風が古くから俳句に詠まれているのは、それなりの情緒があるためです。

花野を爽やかに渡る風もあったり、激しい野分にも似た風もあったり、天地肅殺というような風もあったりします。

秋風が季語の俳句としては、次のようなものがあります。

「秋風が吹くそれだけの川原かな」(平田節子)

あれほど今まで暑かったのが嘘の感じです。

水の音を川原で聞くのみで、そこには秋がありました。

川原には優しい風が吹き、苦しくて暑かった今までの身体や心を癒してくれる感じです。

おすすめの記事