夏の俳句の作り方とは?

夏の俳句の作り方とは?

夏の俳句を作るときは、夏の季語を考える必要があります。

ここでは、夏の季語はどのようなイメージがあるかについてご紹介します。

例えば、夏の季語の暑い、梅雨、雲の峰(入道雲)、半ズボン、汗などには、命が溢れる元気があるようなイメージがあります。

この溢れるという言葉は大切で、自然の中のさまざまなものが夏には溢れています。

また、夏の季語としては、疲労感のような夏枯れ、夏バテ、炎天などというようなものも多くあります。

イメージとしては砂漠で倒れたようなものです。

この感じは、度を過ぎたので疲労したというようなものです。

ここでも、イメージのダブりを避けることによって俳句がより豊かなものになります。

一方、夏の有名な俳句としては、次のようなものがあります。

「夕立のあと夕空の残りけり」(今井杏太郎)

季語の夕立は、激しく夕方に降る雨です。

夕立も溢れるほどの度を過ぎた雨です。

夕空の残りけりと続けることによって、イメージが爽やかになります。

夕空の美しさが、激しい夕立のイメージと対比することによって引き立ってきます。

「蝶の舌ゼンマイに似る暑さかな」(芥川龍之介)

細やかな蝶の舌というものを観察したことによって、作った俳句です。

意味としては、ゼンマイに蝶の舌が似ており、暑いというようなことです。

暑さが細かなものを描くことによって際立つのを感じるでしょう。

暑いときにはあまりそのようなことは考えたくないでしょう。

しかもゼンマイであるため、いかにもクラクラしそうで目が回りそうな感じがします。

これ以外にも、夏の季語は多くあります。

例えば、夏の季語としては海、ビール、プールなどがあり、ちょっと把握しておくと非常に毎日が楽しくなります。

ものの新しい見方が多くなるような感じです。

暑いときは長時間考えるのはしたくないでしょう。

俳句は非常に短く、メモ帳さえ手元にあると作れます。

付き合いで外出するときなども季語は何かないかと考えてみると、楽しくなったりするため俳句をぜひ楽しんでみましょう。

夏の季語とは?

ここでは、夏の季語についてご紹介します。

夏は、最も四季の中で激しい季節でしょう。

活発に全ての生命が活動し、樹木は生い茂ります。

夏は、大きく分類すると梅雨の前半と乾季の後半にわかれます。

立春の5月初めから立秋の8月初めまでを夏といいます。

三夏とは、初夏、仲夏、晩夏を合わせたものです。

一方、九夏とは夏の90日間のことをいいます。

これ以外の夏の季語としては、炎帝、炎夏、朱家などもあります。

向日葵

向日葵は、夏の季語ですが、夏の花として非常に身近に咲くものでしょう。

向日葵は最大3mにもなるキク科の1年草ですが、最近は小ぶりのプランターで育成されているものをよく目にするでしょう。

実や種は加工されて油などになり、観賞用として花は育成されています。

北アメリカが原産であるという説が有力ですが、古くから日本にも渡来したようです。

向日葵は夏の季語として明るいイメージのみでなく、うなだれたような花の終わり時期の不気味なイメージにも使われるときがあります。

花の咲き始めから咲き終わりまで見て、自分のイメージを育てておきましょう。

なお、文語にしたときは「ひまはり」というように、「わ」が「は」に変わるため注意しましょう。

また、向日葵は、日車、日輪草などといわれるときもあります。

五月

五月は、夏の季語ですが、初夏でもある春から夏になる時期です。

五月は晴天が継続するため、ピクニックやバーベキューなどにちょうど適した季節です。

この季節は、鯉のぼりが薫風によって空に泳ぎます。

爽やかな光と緑に溢れた季節です。

夏の季語としては五月来る、聖五月もあり、五月はこのように喜ばれる季節であることがわかるでしょう。

梅雨

梅雨は5月下旬頃から7月で、雨が多い季節になります。

雨が1ヶ月以上も降るような時期になります。

梅雨はある種の雨季でしょう。

梅雨のメカニズムは、南方の小笠原気団と北方のオホーツク海気団がせめぎ合うことで停滞前線が作られるために起きるそうです。

いずれにしても、梅雨の時期は鬱陶しくてジメジメしています。

外出するのはやはり億劫になりがちです。

なお、昔は五月雨は梅雨のことをいっていました。

月が現在と昔ではずれていたためです。

一方、梅雨の読み方としては、「ばいう」や「つゆ」もあります。

梅雨前線という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

走り梅雨は梅雨の始まりの時期で、送り梅雨は梅雨の終わりの時期です。

戻り梅雨は、梅雨が終わりかけて再度降る雨で、梅雨曇、梅雨空などともいいます。

おすすめの記事