中学生の俳句の作り方とは?

俳句は、伝統的な日本の一つの和歌です。

俳句は学校でも簡単に小学校から学習しますが、中学生になれば授業でさらに学習するようになって、宿題で俳句を作るようなチャンスもあるでしょう。

しかし、中学生でも俳句の決まりは学習するでしょうが、中学生が俳句を宿題などで作るときにはどのように作ると上手に詠めるか悩むのではないでしょうか。

ここでは、俳句とは?中学生の俳句の作り方とは?中学生が俳句を作るときにおすすめの季語とは?についてご紹介します。

俳句とは?

俳句というのは、短い詩で57517音からできています。

情景や自分の気持ちを17音の中に含めることによって、美しい形の心に響く俳句ができます。

また、俳句の決まりとしては季語があります。

俳句には、季語を含めるということが必要です。

中学生の俳句の作り方とは?

ここでは、簡単に中学生でも作れる俳句の作り方についてご紹介します。

俳句に詠みたいことを決める

その季節で感じたことを俳句では詠むため、可能な限り季節感があるような内容にしましょう。

例えば、夏の季節であればかき氷について詠むのもおすすめです。

このときは、季語がかき氷になります。

5・7・5のリズムにする

俳句は575音のリズムにまとめます。

このときは、音をカウントすることがポイントです。

例えば、「今日」のときは2音の「きょ」と「う」になります。

あるいは、「きっと」の促音の「きっ」のようなものも1音であるため、カウントするときに注意しましょう。

先にご紹介したかき氷で食べる前に溶けてしまったようなときは、俳句として「かき氷 食べてるうちに 溶けてった」などと詠めば、暑いためにだんだん溶ける様子がイメージできるでしょう。

体言止めや感動表現を使う

印象を強くするためには、感動表現の「けり」「かな」「や」「なり」などや体言止めを使うのがおすすめです。

5・75のリズムにするだけであれば、俳句は小学生でも作れるような感じになります。

そのため、中学生が作った俳句としてはちょっと物足りないでしょう。

中学生が俳句を作るときは、「けり」「かな」「や」「なり」などの感動表現を語尾にプラスすればもっと俳句らしくなります。

例えば、先にご紹介した俳句であれば、「かき氷 食べてるうちに 溶けにけり」というように語尾を少し変えてみれば俳句らしさがより出てくるでしょう。

これ以外にも、名詞で俳句を終える体言止めというものもあります。

例えば、先にご紹介した俳句で「暑すぎて 食べる間もない かき氷」とすれば、終わりを名詞の「かき氷」にすることによって印象が強くなります。

このようにして作れば、中学生でも俳句は簡単にできます。

中学生が俳句を作るときにおすすめの季語とは?

ここでは、中学生が俳句を作るときにおすすめの季語についてご紹介します。

中学生が俳句を作るときは、ここでご紹介する春、夏、秋、冬の季語から情景が浮かぶものがないか、あるいはイメージが膨らむものがないか、ぜひ参考にしてください。

中学生が俳句を作るときにおすすめの春の季語としては、春の風、春日和、春の空、春の海、桜貝、春の夢、桜、椿、梅、チューリップ、夜桜、スイートピー、ゴールデンウィーク、入学などが挙げられます。

中学生が俳句を作るときにおすすめの夏の季語としては、夏、涼し、暑し、夏の夕、夏の宵、夏の夜、風薫る、夏の雲、雷、夏の山、網戸、汗、アイスコーヒー、アロハシャツ、冷蔵庫、ハンモック、アイスクリームなどが挙げられます。

中学生が俳句を作るときにおすすめの秋の季語としては、秋、秋の朝、秋麗、秋の暮、運動会、案山子、秋祭り、コスモス、鈴虫、山葡萄、林檎、落花生、檸檬、秋刀魚、紅葉などが挙げられます。

中学生が俳句を作るときにおすすめの冬の季語としては、凍る、冬、寒し、冬の朝、冬の海、アイスホッケー、セーター、スキー、コート、おでん、マスク、クリスマスなどが挙げられます。

このように、俳句の季語としては、身近なものが多くあるためあまり難しく考えないようにしましょう。

中学生が俳句を作るときは、言葉の中に自分の気持ちを込めれば非常にいいものができます。

俳句は、このような決まりさえ守ると中学生でも簡単に作ることができます。

また、中学生が俳句を作るときは楽しむことが最も大切です。

上手いかどうかはそれほど気にしないようにして、俳句を作るうちにだんだんいいものができてくるでしょう。

季語が俳句のポイントになりますが、中学生でも使いやすいものは多くあります。

ここでご紹介した季語なども参考にして、夏休みの宿題などの俳句を作りましょう。

おすすめの記事