冬の季語「神無月(かんなづき)」を使った俳句一覧




冬の俳句自動作成

冬の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/winter1/

冬の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/winter2/

冬の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/winter3/

冬の季語「神無月(かんなづき)の解説

神無月は、季節が急速に移ろう頃でもある陰暦の十月のことをいいます。全国の神々が出雲の国に集まるため、神々が全国各地の神社では留守になるということです。

冬の季語「神無月(かんなづき)子季語・関連季語・傍題・類語など

神去月(かみさりづき)/神在月(かみありづき)/時雨月(しぐれづき)/初霜月(はつしもづき)

の季語「神無月(かんなづき)」を使った俳句一覧

冬の季語一覧



おすすめの記事