新年の季語「寒の水(かんのみず)」を使った俳句一覧




新年の季語「寒の水(かんのみず)」の解説

寒の水は、神秘的な力が冷たさ極まった様子からあると信じられている水のことをいいます。寒の水は、酒を造ったり、餅を搗いたり、布を晒したりします。

新年の季語「寒の水(かんのみず)子季語・関連季語・傍題・類語など

寒九の水(かんくのみず)

新年の季語「寒の水(かんのみず)を使った俳句一覧

新年の季語一覧



おすすめの記事