新年の季語「初烏(はつがらす)」を使った俳句一覧




新年の季語「初烏(はつがらす)」の解説

初烏(はつがらす)は、まだ明けやらぬ元日の空に鳴く鴉のことをいいます。普段、鴉は嫌われていますが、初鴉は普段とは違って清らかな印象があります。

新年の季語「初烏(はつがらす)子季語・関連季語・傍題・類語など

初鴉(はつがらす)

新年の季語「初烏(はつがらす)を使った俳句一覧

新年の季語一覧



おすすめの記事