冬の季語「葱(ねぎ/き)」を使った俳句一覧




冬の俳句自動作成

冬の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/winter1/

冬の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/winter2/

冬の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/winter3/

冬の季語「葱(ねぎ/き)の解説

葱は、香が独特で、汁もの、薬味、鍋物などの多くの用途があるユリ科の多年草のことをいいます。根の白い部分を関東では好み、葉の緑を関西で好みます。

冬の季語「葱(ねぎ/き)子季語・関連季語・傍題・類語など

深葱(ふかねぎ)/根深(ねぶか)/葉葱(はねぎ)/千住葱(せんじゅねぎ)/矢切葱(やぎりねぎ)/新里葱(にっさとねぎ)/飽海葱(あくみねぎ)/下仁田葱(しもにたねぎ)/岩槻葱(いわつきねぎ)/深谷葱(ふかやねぎ)/九条葱(くじょうねぎ)/冬葱(ふゆき/ふゆねぎ)/ひともじ/葱畑(ねぎばたけ)/葱ぬく(ねぎぬく)/根深引く(ねぶかひく)/葱洗う(ねぎあらう)/洗葱(あらいねぎ)/晒葱(さらしねぎ)/痩葱(やせねぎ)/凍葱(いてねぎ)/根深売(ねぶかうり)

の季語「葱(ねぎ/き)」を使った俳句一覧

冬の季語一覧



おすすめの記事