夏の季語「菜種刈(なたねかり)」を使った俳句一覧




夏の俳句自動作成

夏の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/summer1/

夏の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/summer2/

夏の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/summer3/

夏の季語「菜種刈(なたねかり)の解説

菜種刈(なたねかり)は、アブラナの花が終わってさやに入っている種を刈ることをいいます。種は菜種油にして、菜殻は肥料にします。

夏の季語「菜種刈(なたねかり)子季語・関連季語・傍題・類語など

菜種刈る(なたねかる)/菜種干す(なたねほす)/菜種打つ(なたねうつ)/菜殻(ながら)/菜種殻(なたねがら)/菜種焚く(なたねたく)/菜殻火(ながらび)

夏の季語「菜種刈(なたねかり)」を使った俳句一覧

夏の季語一覧



おすすめの記事