冬の季語「寒鮒(かんぶな)」を使った俳句一覧




冬の俳句自動作成

冬の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/winter1/

冬の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/winter2/

冬の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/winter3/

冬の季語「寒鮒(かんぶな)の解説

寒鮒(かんぶな)は、あまり動かないでじっと岩陰などに潜んでいる寒中に獲れた鮒のことをいいます。この鮒を釣って甘露煮などにします。

冬の季語「寒鮒(かんぶな)子季語・関連季語・傍題・類語など

寒馴れ(かんなれ)/寒鮒釣(かんぶなつり)/こごり鮒(こごりぶな)

の季語「寒鮒(かんぶな)」を使った俳句一覧

  • 寒鮒をこごえた手で数へてくれた / 尾崎放哉

冬の季語一覧



おすすめの記事