冬の季語「近松忌(ちかまつき)」を使った俳句一覧




冬の俳句自動作成

冬の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/winter1/

冬の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/winter2/

冬の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/winter3/

冬の季語「近松忌(ちかまつき)の解説

近松忌は、浄瑠璃、歌舞伎脚本作者の近松門左衛門の陰暦の十一月二十二日の忌日のことをいいます。近松門左衛門は、元禄三文豪の一人と松尾芭蕉、井原西鶴ともにいわれました。

冬の季語「近松忌(ちかまつき)子季語・関連季語・傍題・類語など

巣林子忌(そうりんしき)/巣林忌(そうりんき)

の季語「近松忌(ちかまつき)」を使った俳句一覧

冬の季語一覧



おすすめの記事