冬の季語「親鸞忌(しんらんき)」を使った俳句一覧




冬の俳句自動作成

冬の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/winter1/

冬の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/winter2/

冬の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/winter3/

冬の季語「親鸞忌(しんらんき)の解説

親鸞忌は、浄土真宗の開祖の親鸞上人の陰暦の十一月二十八日の忌日のことをいいます。親鸞忌の十一月二十八日には、法要が前後七昼夜にわたって行なわれます。

冬の季語「親鸞忌(しんらんき)子季語・関連季語・傍題・類語など

御正忌(ごしょうき)/報恩講(ほうおんこう)/御講(おこう)/御七夜(おしちや)/お霜月(おしもつき)/御取越(おとりこし)/引上会(いんじょうえ)/精進固(しょうじんかため)/精進落(しょうじんおち)

の季語「親鸞忌(しんらんき)」を使った俳句一覧

冬の季語一覧



おすすめの記事