秋の季語「送り火(おくりび)」を使った俳句一覧




秋の俳句自動作成

秋の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/autumn1/

秋の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/autumn2/

秋の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/autumn3/

秋の季語「送り火(おくりび)」の解説

送り火は、先祖の魂を盆の八月の十五日あるいは十六日に送るために焚く火のことをいいます。家の門のところで、豆殻、苧殻などを焚きます。

秋の季語「送り火(おくりび)子季語・関連季語・傍題・類語など

魂送(たまおくり)

秋の季語「送り火(おくりび)を使った俳句一覧

秋の季語一覧



おすすめの記事