秋の季語「七夕(たなばた)」を使った俳句一覧




秋の俳句自動作成

秋の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/autumn1/

秋の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/autumn2/

秋の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/autumn3/

秋の季語「七夕(たなばた)」の解説

七夕は、旧暦の七月七日の夜の行事、あるいはその夜のことをいいます。七夕の夜は、年に一回天の川を織姫と彦星が渡って合うことが許されています。

秋の季語「七夕(たなばた)子季語・関連季語・傍題・類語など

棚機つ女(たなばたつめ)/星祭(ほしまつり)/牽牛星(けんぎゅうせい)/彦星(ひこぼし)/犬飼星(いぬかいぼし)/男星(おぼし)/男七夕(おたなばた)/織女星(しょくじょせい)/妻星(つまぼし)/女星(めぼし)/機織姫(はたおりひめ)/棚機姫(たなばたひめ)/女七夕(めたなばた)/星迎(ほしむかえ)/星の契(ほしのちぎり)/星の恋(ほしのこい)/星の妹背(ほしのいもせ)/星の別(ほしのわかれ)/星今宵(ほしこよい)/乏し妻(ともしづま)/七夕竹(たなばただけ)/七夕送り(たなばたおくり)/七夕流し(たなばたながし)/七夕竹売(たなばただけうり)/芋の葉の露(いものはのつゆ)/七夕棚(たなばただな)/七夕雨(たなばたあめ)/鵲の橋(かささぎのはし)/七夕紙(たなばたがみ)/七夕色紙(たなばたしきし)/短冊竹(たんざくだけ)/星宮祭(ほしのみやまつり)

秋の季語「七夕(たなばた)を使った俳句一覧

秋の季語一覧



おすすめの記事