夏の季語「蛇(へび)」を使った俳句一覧




夏の俳句自動作成

夏の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/summer1/

夏の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/summer2/

夏の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/summer3/

夏の季語「蛇(へび)の解説

蛇(ヘビ)は、冬眠してよく夏に活動する長い縄のような虫のことをいいます。害があるハブや蝮などの蛇もいますが、ほとんどの蛇は害がありません。

夏の季語「蛇(へび)子季語・関連季語・傍題・類語など

くちなわ/ながむし/青大将(あおだいしょう)/山楝蛇(やまかがし)/縞蛇(しまへび)/烏蛇(からすへび)/熇尾蛇(ひばかり)

夏の季語「蛇(へび)」を使った俳句一覧

  • いたどりの葉の斑ざしたる籠かな / 飯田蛇笏
  • 穴をいでゝ耕す日に新た / 飯田蛇笏
  • の衣草の雫に染まりけり / 巖谷小波
  • 恨を呑みて草むらにの衣を裂く / 尾崎紅葉
  • が殺されて居る炎天をまたいで通る / 尾崎放哉

夏の季語一覧



おすすめの記事