夏の季語「田植(たうえ)」を使った俳句一覧




夏の俳句自動作成

夏の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/summer1/

夏の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/summer2/

夏の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/summer3/

夏の季語「田植(たうえ)の解説

田植は、代田に苗代で大きくした早苗を植えることをいいます。もともと田植は神事で、集落の梅雨のころの共同作業でした。

夏の季語「田植(たうえ)子季語・関連季語・傍題・類語など

大田植(おおたうえ)/田植組(たうえぐみ)/寄合田植(よりあいたうえ)/田植唄(たうえうた)/皐月節(さつきぶし)/早乙女唄(さおとめうた)/田植定規(たうえじょうぎ)/田植飯(たうえめし)/田植肴(たうえざかな)/田植笠(たうえがさ)/立人(たちうど)/田主(たあるじ)/太郎次(たろうじ)/田人(たうど)/田植布子(たうえぬのこ)/さつき/節田(せつだ)/宵皐月(よいさつき)

夏の季語「田植(たうえ)」を使った俳句一覧

夏の季語一覧



おすすめの記事