ついく・対句【超初心者向け俳句百科ハイクロペディア/蜂谷一人】

鞦韆(しゅうせん)は漕ぐべし愛は奪ふべし   三橋鷹女

この句は「漕ぐべし」「奪ふべし」と、べしが繰り返されています。こうした表現を対句と呼びます。鞦韆とはぶらんこのこと。「鞦韆」と「愛」という一見異なるものを並列する面白さに気づきましたか。対句は漢詩によく用いられる形式で、リズムを整える効果があります。童謡の「雪やこんこん、あられやこんこ」の、雪とあられのように似たものを並べることもあれば、掲句のようにジャンルの違うものをあえて並べる例もあります。何を並べるかで味わいはかなり異なります。

 

プロフィール
蜂谷一人
1954年岡山市生まれ。俳人、画人、TVプロデューサー。「いつき組」「街」「玉藻」所属。第三十一回俳壇賞受賞。句集に「プラネタリウムの夜」「青でなくブルー」

公式サイト:http://miruhaiku.com/top.html

おすすめの記事