松尾芭蕉

松尾芭蕉は江戸時代前半の俳諧師です。

寛永21年(1644年)に、伊賀の国すなわち現在の三重県伊賀市で誕生したとされます。松尾家は農民でしたが、名字帯刀を許されていました。というのは伊賀の国の、平氏の末流を名乗る、旧来からの土豪一族だったそうです。

松尾芭蕉という名前だけが本名のように思われるほど有名ですが、松尾芭蕉以外に沢山の名前があるのでご紹介します。

まず、幼名を金作、名は忠右衛門宗房でした。

甚七郎や甚四郎は徒名のようなもので、通称ともいわれます。

俳号として、初期には実名である宗房が、次に中国風の桃青が選ばれていました。

そのような経緯があって、ようやく芭蕉(はせを)という俳号に落ち着いたとされています。

京都の貞門派北村季吟の門下として、長く俳句を詠み、西山宗因などの談林派俳諧による影響を強く受けているといわれていました。

延宝6年(1678年)に、桃青という俳号で、松尾忠右衛門宗房はついに職業的な俳諧師である宗匠となります。

天和2年(1682年)12月には、天和の大火すなわち八百屋お七の付け火による火事のため、なんと芭蕉庵を失ってしまう惨禍に遭い、せっかく築いた地道な生活を思い、涙にくれる想いをしたといいます。

松尾芭蕉は、弟子となった河合曾良を伴い、旅の日記と句作に励んだといいます。

亡くなったのは、元禄7年10月12日(1694年11月28日)のことです。

直前の元禄7年10月12日に仕上げられたという辞世の句は大変有名で、かつ生涯が偲ばれる名句となっています。

  旅に病んで 夢は枯野を かけ廻る
  松尾芭蕉

おすすめの記事