現代の季語

生活のなかの様々な事物が、季節を反映しているので、季語の数は大変多いです。

江戸時代以降、歳時記に俳諧・俳句の季語が集められ、分類されていました。

19世紀末からは太陽暦に改編されてきました。時候の挨拶などには、その名残があります。

時候だけでなく、天気や土地、生活やお祀り、植物や生物、穀物や果実、食べ物では旬の物など暮らしを彩る様々な名詞や句が挙げられます。

おすすめの記事