原石鼎の俳句

うれしさの狐手を出せ曇り花
けさ秋の一帆生みぬ中の海
もろもろの木に降る春の霙かな
切株に鴬とまる二月かな
山の色釣り上げし鮎に動くかな
山国の暗すさまじきや猫の恋
山国の闇恐ろしき追儺かな
山川に高浪も見し野分かな
山畑に月すさまじくなりにけり
己(わ)が庵に火かけて見むや秋の風
提灯を螢が襲ふ谷を来(きた)り
春の水岸へ岸へと夕かな
松風にふやけてはやし走馬燈
淋しさにまた銅鑼うつや鹿火屋守
短日の梢微塵にくれにけり
磐石をぬく燈台や夏近し
磯鷲はかならず巌にとまりけり
秋蝶の驚きやすきつばさかな
秋風や模様のちがふ皿二つ
芭蕉高し雁列に日のありどころ
花影婆娑と踏むべくありぬ岨の月
蔓踏んで一山の露動きけり
行く涼し谷の向の人も行く
雪に来て見事な鳥のだまり居る
青天や白き五弁の梨の花
頂上や殊に野菊の吹かれ居り
風呂の戸にせまりて谷の朧かな
首のべて日を見る雁や蘆の中
高々と蝶こゆる谷の深さかな
鮎の背に一抹の朱のありしごとし
淋しさにまた銅鑼打つや鹿火屋守
黒栄に水汲み入るゝ戸口かな
夕月に七月の蝶のぼりけり
花影婆裟と踏むべくありぬ岨の月
美しき鳥来といへど障子内
春陰や眠る田螺の一ゆるぎ
七草に入りたきさまの野菊かな
節分の高張立ちぬ大鳥居
月とてる星高々と涼しけれ
鉞に裂く木ねばしや鵙の声
爆竹や瀬々を流るる山の影
雪峰の月は霰を落しけり
杣が頬に触るる真葛や雲の峰
花烏賊の腹ぬくためや女の手
とんぼうの薄羽ならしし虚空かな

おすすめの記事