広瀬惟然の俳句
  • 蜻蛉や日は入ながら鳰のうみ
  • 山吹や水にひたせるゑまし麦
  • 石菖や朝露かろしほととぎす
  • 蚊ののらぬ所までいざ涼み舟
  • 夏の夜のこれは奢ぞあら莚
  • 張残す窓に鳴入るいとど哉
  • しがみ付岸の根笹の枯葉哉
  • 竹の葉やひらつく冬の夕日影
  • 鵜の糞の白き梢や冬の山
  • 鵯や霜の梢に鳴渡り
  • 茶をすする桶屋の弟子の寒哉
  • 枯芦や朝日に氷る鮠の皃
  • 蝋燭のうすき匂ひや窓の雪
  • 新壁の裏も返さぬ軒の梅
  • 涼しさや海老のはね出す日の陰り
  • 近付に成りて別るる案山子哉
  • ひだるさに馴てよく寐る霜夜哉
  • 朝起の顔ふきさます青田哉
  • 馬の尾に陽炎ちるや昼はたご
  • 松茸や宮古にちかき山の形
  • 冬川や木の葉は黒き岩の間
  • 半帋すく川上清しなく雲雀
  • 山の幅啼ほろげたり雉子の声
  • 誰かしる今朝雑炊の蕪の味
  • ゆふがほやさびしうすごき葉のならび
  • ゆつくりと寐たる在所や冬の梅
  • 風呂敷に落よつつまん鳴雲雀
  • あすのひのひより誉てや宵の月
  • 酒部屋に琴の音せよ窓の花
  • 無花果や広葉にむかふ夕涼
  • 糊ごはな帷子かぶるひるねかな
  • 更行くや水田の上のあまの河
  • 肌寒き始にあかし蕎麦のくき
  • 木枯や刈田の畔の鉄気水
  • 煤掃や折敷一枚踏くだく
  • かなしさや麻木の箸もおとななみ
  • 別るるや柿喰ひながら坂の上
  • 空よそらさればぞ風の只寒み
  • 梅の花むたいな雨はふつたれど
  • きりぎりすさあとらまへたあはあとんだ
  • 水さつと鳥よふはふはふうはふは
  • なむでやのふ柿が大分なつたはさ
  • のらくらとただのらくらとやれよ春
  • わするるな日々に福は内鬼は外
  • 芹薺踏よごしたる雪の泥
  • 我寺の藜は杖になりにけり
  • 水鳥やむかふの岸へつういつい
  • 時雨時雨又一しぐれ暁の月
  • 下萌えもいまだ那須野の寒さかな
  • 水鳥やむかふの岸へつういつうい
  • ゆったりと寝たる在所や冬の梅
  • 水仙の花のみだれや藪屋敷
  • 衣更着のかさねや寒き蝶の羽
  • ひよどりや霜の梢に鳴き渡り
  • きりぎりすさあとらまへたはやとんだ
  • 両袖にただ何となく時雨かな
  • おもたさの雪はらへともはらへとも
  • 梅の花あかいは赤いはあかいはの
  • 彦山のはなはひこひこ小春かな
  • 長いぞや曾根の松風寒いぞや
  • 引張てふとんぞ寒き笑ひ聲
  • 更け行くや水田の上の天の川
  • 銭百のちかひ出来たならの菊
  • きりぎりすさあとらまへたはあとんた
  • 若葉吹風さら/\となりながら
  • 磯ぎはをやまもも舟の日和かな
  • かるの子や首指出して浮萍草
  • 家/\や干瓢むいて浦の風
  • 真綿むく匂ひや里のはいり口
  • 紫の花の乱れや鳥かぶと
  • 物干にのび立つ梨の片枝かな
  • 竹藪に人音しけり烏瓜




広瀬惟然 プロフィール

広瀬 惟然(ひろせ いぜん / ひろせ いねん、慶安元年(1648年)- 宝永8年2月9日(1711年3月27日))



おすすめの記事