鈴木花蓑の俳句
  • 大いなる春日の翼垂れてあり
  • 野を焼くや棚曇りして二三日
  • 猫柳風に光りて銀ねずみ
  • 銀婚の式はせずとも軒の梅
  • 春雷や小米の花のうすら影
  • 大島の噴煙東風にかきくもり
  • 町中の辛夷の見ゆる二階かな
  • 雀の巣浮間の橋も橋桁に
  • 麦鶉畦をよぎりぬ庵の前
  • 風車まはり消えたる五色かな
  • 風船のはやりかしげて逃げて行く
  • 千曲川心あてなる桑のみち
  • 聞かぬ日もありて鐘の音霞みけり
  • 引いてゆく長きひゞきや五月浪
  • 吹流し一旒見ゆる樹海かな
  • 宵あさき月隠れゐる若葉かな
  • 月の露光つ消えつ薔薇の上
  • 紫陽花のあさぎのまゝの月夜かな
  • 塵取の手にも夕べの蜘蛛の糸
  • 玉虫の落ちてゐたりし百花園
  • 噴水の石に水面に落つる音
  • 鏡見てべつかつこうや洗ひ髪
  • 風鈴や唐黍よりの風荒し
  • 紅蜀葵真向き横向ききはやかに
  • 三伏の門に二本の百日紅
  • 萍に白々浮くは捨団扇
  • 一むらの木賊の水も澄みにけり
  • 団栗の葎に落ちてくゞる音
  • 籾筵色に出そめし柚子のあり
  • 実南天紅葉もして真赤也
  • 櫨紅葉尾花の中に枝わかれ
  • 蹴ちらしてまばゆき銀杏落葉かな
  • 初詣雪美事なる太鼓橋
  • 羽子一つ落ちて泉水氷りゐぬ
  • 明かに露の野を行く人馬かな
  • 秋晴の野を行けど用ある身かな
  • 花過ぎて秋の気もする銀屏風
  • 蚊火の煙盛んに立ちて月早し
  • 時鳥奥の一峰に月出でゝ
  • 蝉鳴くや日渡りをる大森林
  • 炊煙逃げて戸外にありぬ秋の暮
  • 夕映の二度して秋の島明し
  • 秋風や艶劣りせる籠の鶏
  • 後の月そと戸を明けて句を案ず
  • 院の庭へ出て獲物なし菌狩
  • 大切に古りたる鯊の竿二本
  • 東嶺と呼応す庵の芭蕉かな
  • 灯は見えて大藪廻る門寒き
  • 井戸端より日の出て貧の庭寒し
  • 冬川原広やかに建ちぬ芝居小屋
  • 窓一つ明るく淋し火燵の間
  • 風の音遠のきし後に落葉かな
  • 帰庵して草鞋の儘や落葉掃く
  • 藺を刈るや空籠映る水田べり
  • 藺洗ふや一筋抜けて水迅し
  • 雪の森狐も住まぬ明るさよ
  • 冴返る野天に石の御百体
  • 温む水に長き髭出せり杭の蝦
  • 渡船場に今日の国旗や梅佳節
  • 柱鏡に紫陽花狭く映りけり
  • 雲海や日当る人馬見えながら
  • 手洗うて笹の秋日に振りかけし
  • 凩や桑原に入りて馬車徐行
  • 北風やお不動山へ土手許り
  • 電柱の丘へ外れ去る冬田かな
  • 日かげれば麦蒔消えぬ土色に
  • 枯芒におはす後の一仏
  • 鵙漸く止みぬ月光を長風呂に
  • 埋もれて穴あく笹の深雪かな
  • 白粉吹いて全く枯れし巨木かな
  • 垂れし枝反り上り咲く寒椿
  • 仄めきし夕焼せずに春の雨
  • 麦畑の広く明るし花曇
  • 雪解や鳥籠にかけて干せる足袋
  • 残雪に月がさしゐぬ庵の屋根
  • 囀の二羽並びゐる樹の間の日
  • 囀の後のしゞまや月の森
  • 日かげる時連れ鳴いて鳰涼し
  • 梅雨の森蔦からむ幹隙間より
  • 梅雨晴れて恰も月夜柿の影
  • 洞雫間遠に落ちて青嵐
  • 岩襞を逸れ水走り風の滝
  • 滝の空蔽ふ葉透けて皆楓
  • 代田川躍り流れて水豊か
  • 蚊帳の月池に映りて見えてあり
  • 打水や檜葉そよそよと後れ風
  • 茄子の葉を蟻飛び移り這ひにけり
  • 毛虫地に降りて皆這ふ嵐かな
  • 澄む虻を避けて通りし若葉かな
  • 枝蛙鳥のごと鳴く若葉かな
  • 萍に忍ぶが如く鳰浮けり
  • 空の秋君が船出を朝焼けて
  • 靄中に影作りゐぬ月の桐
  • 木蔭より耳門入る月の寺
  • 風の樹々月振落し振落し
  • 門燈に見えし無月の影法師
  • 供へ物引くとき縁の月明し
  • 夕焼す縁側へ月の供へ物
  • 日輪や稲刈る上ににこにこと
  • 破芭蕉風さらさらと小止みなし
  • 雪晴や瞳に障る長睫毛/p>
  • 雪晴や水騒がして交る鳰
  • 蒲団干すや旭今輝く城の鯱
  • 寒雀日暮るゝ檜葉にゐてたちぬ
  • 泥濘や雪折笹を踏みしだき
  • 初詣雪見事なる太鼓橋
  • 春寒き障子あけたてして静か
  • 春寒し物故の人に詫び心
  • 入日山霞の中に現はれし
  • 島二つ色異にして霞みけり
  • 大いなる春日の翼垂れてあり
  • 月の出や動き渡れる朧空
  • 凧尾を跳ね上げて唸りけり
  • 凧唸るや険しき風の雲の中
  • 鶯の谺聴きゐる障子内
  • 夕映の中に二羽見え揚雲雀
  • いぶかしく影明るさや月の梅
  • 月の梅塞げて暗し灯の障子
  • 笹中に倒れしにあらず這へる梅
  • 枝垂梅空へも枝の殖え伸びて
  • さきがけし紅白二本梅林
  • ことごとく咲いては乏し八重椿
  • 晴れ曇る晴れ日当れる椿かな
  • 落椿這ひづる虻や夕日影
  • 桃の虻皆光り飛び茶褐色
  • 靄の中水禽動き花仄か
  • 菜の花や橋桁舐めて水明り
  • 棚端に押し重なりて垂れし藤
  • 竹も木もわかなくなりて暮涼し
  • 島々の間に涼し逆帆影
  • 崖の蔦はねて風あり夏の月
  • 蓮の風立ちて炎天醒めて来し
  • 枝映る樹に掛巣鳴く泉かな
  • 風鈴の下はるかなる沖つ浪
  • 風鈴や家新しき木の匂ひ
  • 葭切や影はだかりて夕干帆
  • 露けさに蜥蜴のぼりゐし松の蕊
  • 蝉時雨風の竹にもとりついて
  • 睡蓮に虻いつまでも池静か
  • 雨上る地明りさして秋の暮
  • 月失せて降り出しけり秋の暮
  • 天の川枝川出来て更けにけり
  • 燈明をつけて無月の供へ物
  • 鰯雲昼のまゝなる月夜かな
  • 渓流の響ぐわーんと秋日和
  • 月の舟島の洞穴より見えてあり
  • 夕焼の動いて明し虫の原
  • 花卉畑に明け放つ灯や虫の声
  • 月光に見えみ見えずみ水の鹿
  • 一輪を嬲る風ある芙蓉かな
  • 朝顔や絡まり合ひて幾色ぞ
  • 風海や伸ぶだけ伸びて花芒
  • 萩の蝶吹き上げられて去りにけり
  • 瑞々と黄に燃え残し葉鶏頭
  • 小春鳴く鳥籠に蜜柑入れてあり
  • 短日や月光り出で豆腐売
  • 雪中に夕焼けて日伸びにけり
  • 夕明り恋うて高きへ枯野虫
  • 日に現はれ風に無くなり枯野虫
  • 糸引いて石這ふ蜘蛛や冬川原
  • 冬川原鳥眼に失せて広さかな
  • 昼月をつらつら見上げ日向ぼこ
  • 沈めば沈み浮めば浮み鳰二つ
  • 夕千鳥松原越えて浜移り
  • 渚鏡走る千鳥よ影さして
  • 千鳥一聯見えて消えけり沖つ浪
  • 夕映えて夜の影持てる枯木かな
  • 濡鹿の睫毛に露や春の雨
  • 松ふぐり見えてかゝりぬ春の月
  • 春風やつういつういと附木舟
  • 荒磯やなほ雪残る岩一つ
  • 干潟はやみち潮の帆の縦横に
  • 鶯の谺す淵を覗きけり
  • 揚雲雀流れ流れて湖の上
  • 洞影描いてをかし月の梅
  • 老梅や逆さに生えしうろの蘭
  • 弦月や梅を照らして枝にあり
  • 猫柳風に光りて銀鼠
  • 水草の生ひし池面の光かな
  • 風の桃ゆれかゞよひて散らばこそ
  • 躑躅燃ゆや降るとしもなき花明り
  • 薙ぎ伏せる藺を走りゐぬ梅雨雫
  • 夕立後のほろほろ降りや月涼し
  • 湛え満つ槽の外にも湧く清水
  • 蛍籠飛ぶ火もありて光ること
  • 欄干にあがる怒濤や青簾
  • 噴水の霧這ひ渡る風の樹々
  • 打水や檜葉をたばしるかゝり水
  • 満潮に蘆落つもあり飛ぶ蛍
  • 葭切やたわゝの蘆にあらはれて
  • 芍薬や風あふつ花据る花
  • 芍薬や更に高柄の蕾して
  • 入梅や紫かけし青紫陽花
  • 蓮池や花影見えて隙間水
  • 虫鳴くや夕映のまゝ月となり
  • 明け惜むまろき月あり虫の声
  • 奔端や又飛び消えし石叩
  • 角さだかに月晴れ曇る鹿の影
  • 朝顔や静かに霧の当る音
  • 朝顔や風吹き上げて蚊帳空し
  • 濡れ色の走り乾くや冷西瓜
  • 風折々さやける萩の花明り
  • コスモスの影ばかり見え月明し
  • 晴天やコスモスの影捲きちらし
  • 一二輪コスモス刎ねて日和風
  • 鳳仙花夕日の花の燃え落ちし
  • 黍秋や道の垂り穂のこぼれつゝ
  • 毬栗や二つ三つづゝ枝たわみ
  • お天気やまばゆきばかり稲むしろ
  • 白菊に遊べる月の魍魎
  • 乱菊に明るうなりぬ夕づく日
  • 雨の菊雫光りて晴れんとす
  • かさかさと鳥ゐて見えぬ紅葉かな
  • うすうすと月浴びてあり夕紅葉
  • 底見えて浅き池あり雪の宮
  • 風音の虚空を渡る冬田かな
  • 月天に流星見えし枯野かな
  • 籠の中に羽ばたく軍鶏や焚火熱
  • スケートや右に左に影投げて
  • 岩雫すれすれ鴛鴦の日向ぼこ
  • 牡丹雪浮寝醒めたる鴛鴦二つ
  • 散る紅葉地吹く風に飛んでなし
  • 風起る音を聞きつゝ枯木道
  • 羽子つくや八ツ口の紅振りこぼし
  • うらゝかや空に留まれる気球船
  • 久方の雪嶺見えて霞みけり
  • 水の上或は這て陽炎へり
  • 春天や影を流して軽気球
  • 押廻り押戻り風の浮氷
  • 野を焼くや棚曇して二三日
  • 明るさや白魚たばしる月の網
  • 白魚網はねこぼれたる一二匹
  • 崖腹に鶯の啼く干潟かな
  • 囀の天辺の日に翻へり
  • 雹はれて又蒼空や梅かほる
  • 池浪にひたぶる濡れて枝垂梅
  • 白梅や蕊の黄解けて真盛り
  • 美しや日照雨の木の芽露一杯
  • 小波や芽柳凪ぎし余り風
  • 落椿挟まるまゝに立て椿
  • 八重椿紅白の斑みだりなる
  • 沈丁の下枝影して日闌けたり
  • ばらばらに咲いて辛夷の白さかな
  • 白木蓮花に花影して白さ
  • 渦巻のそちこちに立ち花吹雪
  • 白躑躅遅れて雨に花盛り
  • 藤棚や洩れ日ゆらめきそよぐ花
  • 藤長し垂れ端はねてたはれ風
  • 薫風に翔ちたぢろぎて啼く燕
  • 高蜻蛉青田の月にまだ見えて
  • 麦稈の塩籠出来ぬ麦の秋
  • 蚊いぶして一匹もゐず夜の風
  • 枝蛙昼のまゝゐぬ蚊火明り
  • 早月を見出でゝうれし夕日傘
  • 鼠花火に飛つかれたる涼かな
  • 水の月右に左に舟涼み
  • 風鈴や硯の海に映りつゝ
  • 風鈴や唐黍よりの風荒らし
  • 樹に池に降り来る音や水鉄砲
  • 夕影のずんすん見えて蝉涼し
  • 蝉涼し折々風に鳴きほそり
  • 牡丹に棚簀影して好き天気
  • くれなゐの白けて咲ける大牡丹
  • 菖蒲田やわきて長柄の走り花
  • 芍薬や蕊の心まで真紅にて
  • 罌粟の蝶吹き飛ばしあな風強し
  • 月の露光りつ消えつ薔薇の上
  • 紫陽花の浅黄のまゝの月夜かな
  • 風蓮や鷺脚垂れて吹き上り
  • 晩秋や金屏除けて富士を見る
  • 庭木立月を洩らさず岐阜提灯
  • 芋の闇鼠花火の流行りけり
  • 鼠花火陥りて尚水走り
  • 月見舟あまり漕ぎ出て眺めなし
  • 珍らしく父の遊山や秋扇
  • 照り昃るかすかの影や虫の月
  • がちやがちやや瀬音も聞え真暗闇
  • がちやがちやや月まはりたる陰庇
  • 鶺鴒や水際明りに二三匹
  • うす紅に露さわやかの芙蓉かな
  • 芋の葉の露して蜘蛛の忘れ絲
  • 色艶のうごいて熟れし石榴かな
  • 烏瓜水際に垂れしおどろかな
  • 玉川や蛇籠を這へる蔦紅葉
  • 蔦紅葉二葉三葉透け木の間の日
  • 柳散るや風に後れて二葉三葉
  • 八景や冬鳶一羽舞へるのみ
  • 冬川原石に鳥ゐて飛び失せぬ
  • 丁寧に仏具を磨き日向ぼこ
  • 雪落つる光飛び来ぬ日向ぼこ
  • 金屏の隅に追儺のこぼれ豆
  • 畑々や掛大根の上の富士
  • 浮寝鳥うつゝに尾振る一羽あり
  • 浮寝鳥浪にゆられて向き向きに
  • 風浪の鴨たち直りたち直り
  • 浦富士は夜天に見えて鳴く千鳥
  • 八景や或は見ゆる遠千鳥
  • 山茶花や落花かゝりて花盛り
  • 山茶花のまはりにこぼれ盛かな
  • 山茶花の紅斑華やぎ盛かな
  • 美しの湖上の虹や若菜摘む
  • 消えがてに漁火ちらちらと夕霞
  • 逃げて行く風船嬲り春の風
  • 春水やはしなく聞きし昼千鳥
  • 雛の子や行儀正しく並び見る
  • 戻り来て足音もなし畑打
  • 風船のはやりかしぎて逃げて行く
  • 大比叡の表月夜や猫の恋
  • 梨棚を渡りては失せ飛ぶ燕
  • 囀や月に終りし一くさり
  • 遠蛙星の空より聞えけり
  • 一枝や魁け咲ける梅庇
  • 源平桃咲きそめてはや咲き分れ
  • 蒼白く夕かげりたる辛夷かな
  • 花吹雪逃げて丹頂別れ居り
  • 水打つてのがれし蜂や花吹雪
  • 木の間月掻きくらまして花吹雪
  • 月涼し葭切やみて葭の影
  • 滝涼し蝶吹かれ来て吹かれ去り
  • 岩清水別の岩から噴き溢れ
  • 鯉幟麦の疾風に逆立ちて
  • 鯉幟霞みながらに安房見えて
  • あれこれとつかうて左右の団扇かな
  • 噴水や月の光に消え入りて
  • 噴水やふりかくされて雨の中
  • がわがわと蓮吹きすさぶ涼かな
  • 夜の風の忘れ雫や釣荵
  • いみじくも漁火の夜景や避暑の宿
  • 海上に驟雨の虹や鱚を釣る
  • 鮎釣や降り照る笠をかぶりきり
  • 緋牡丹や片くづれして咲きこぞり
  • 常夜燈夜目にもしるく若葉しぬ
  • 絶望やのうぜん風に躍り居り
  • 風色やてらてらとして百日紅
  • 早瀬波月溯りぬ流されぬ
  • 稲の月遠山見えて昼のまゝ
  • 七夕の子女と遊んで家にあり
  • 虫一つ浴衣の客に鳴きそめし
  • 風過ぎて鳴き止むもありきりぎりす
  • 蜻蛉やいざりながらに鱗雲
  • 頂上や淋しき天と秋燕と
  • 椋鳥や分れて戻る二羽三羽
  • コスモスや光れば光る水の影
  • 更くる灯や葡萄の疵の生める露
  • 夕紅葉とみに水音澄みわたり
  • 遠望に櫨の早紅葉稲莚
  • 短日やはだかり陰る嵐山
  • 野々宮やさしわたりたる時雨月
  • 冬ざれや拾ひ足して渚鶴
  • 鬼ごとやお神楽台の下くゞり
  • 干蒲団外し抱へて母帰宅
  • スケートや連れ廻りをりいもせどち
  • スケートのこけしはずみや朝日影
  • スケートや月下に霞む一人あり
  • スケートや忽ち遠く澄み見えて
  • 鴨翔つや朝の湖面をきらめかし
  • 風浪やとばしりあげて沈む鳰
  • 大棉の澄みゐる暮のゆとりかな
  • 草枯の月夜に見えていちじるし
  • 春雷や観瀾亭に客となり
  • 雪の嶺の霞に消えて光りけり
  • 庭松に裏山霞下りてあり
  • 葛飾や月に霞める水田圃
  • 雪解川白妙の富士川上に
  • 薔薇色の暈して日あり浮氷
  • 滝腹の僅かに見えて花の奥
  • 二三びき打ちたやしたる梅雨の蠅
  • 真つ青に芙蓉蕾める葭戸かな
  • 噴水やしぶきに濡れて鶴の居り
  • 燈台の下暗がりの磯涼み
  • 松蝉の声を流して天津風
  • 葭切や大入日して葭の上
  • 葭切や夕日の蘆を飛ぶは見え
  • 打払ふ紙魚かげもなし松の風
  • 明るさや月ある空の芥子の雨
  • 一滴の水も貴し芥子の雨
  • 秋もまだなかなか暑き百花園
  • 又揚る涼み花火や吹きくづれ
  • 古郷に老いて川音しぐれけり
  • 大霜や富士は黄色に日の当り
  • 氷海や月ひた走る照り昃り
  • 寒稽古夜更けて残る二人きり
  • 水鳥や霧透けてある月の浪
  • 水皺や風そと通り浮寝鳥
  • 鴛鴦進むやしざるが如く筑波山
  • 大棉や大晴れ富士の暮れ残り
  • 水の上の落葉も見えて凪月夜
  • 羽子つくやひろびろとある田圃中
  • 春の雨潮のさし来る音ぞかし
  • 雛の日の都うづめし深雪かな
  • 公園に見かけし春の日傘かな
  • 夕立や簾の月は見えながら
  • 吹流し一族見ゆる樹海かな
  • 遠くゆく七里ヶ浜の日傘かな
  • 江の島の外ゆく舟の日傘かな
  • 鱚釣や聞え来りし島の鐘
  • 泰山木瓣落ち飛んで松の下
  • ハンケチを戴きかざし苺摘
  • 闇ながらさだかに見えて今年竹
  • 夕焼けて薫ゆる月あり月見草
  • 稲妻のはらはらかゝる翠微かな
  • とく起きて散歩かゝさず蓼の露
  • 乱菊にけさの露霜いとゞしき
  • 海の上に月よもすがら盆踊
  • 暁のはや雲路ゆく蜻蛉かな
  • 蘆の湖やさながら映る紅葉山
  • 雪の不二障子硝子の中にあり
  • ひねもすや遠山かくす干蒲団
  • 水鳥や蘆もうもれて雪衾
  • お庭松雪折れしたる雪見かな
  • 同舟の人の見付けし蜃気楼
  • 花園の塀の中より石鹸玉
  • 村芝居雲雀流れて上にあり
  • 春鹿の瞳におはす聖かな
  • 猫の子のみな這ひ出でゝ眠りけり
  • 源平桃地にも紅白散りみだれ
  • 一筋や走り咲きたる小米花
  • 藤棚も渡して庭の池の橋
  • 出でゝ見る河原の虹や夕立晴れ
  • 滝壺を覗いて下りる径はなし
  • 蝙蝠や暮れぐれの佐渡まだ見ゆる
  • 庭めぐりさうびを摘んで手にしつゝ
  • 繋がれしまゝに無月の池の舟
  • 浜名湖や隈なくなりし鰯雲
  • 星祭る水車舟あり矢作川
  • 明治節属吏となりて二十年
  • 夜昼の菊花大会明治節
  • 月の出て眠る山々昼のまゝ
  • 落葉籠うもれんばかり降る落葉
  • 武蔵野のどこまでつゞく冬木かな
  • 夕野火を見てのぼりゐる鐘楼かな
  • 暗き夜や伊豆の山火を漁火と
  • 石鹸玉柳の風に後じさり
  • 芽柳の流れて風のまゝにあり
  • 水無月の埃つもれる芭蕉かな
  • 夏羽織著て我に逢へり妻の前
  • 涼人飛び飛び渓の石の上
  • 鳴き出でし滝の中なる河鹿かな
  • 翡翠や簾がくれに見てゐたる
  • 其の上に竹の雫や蕗の雨
  • 霧の中うすうす湖の鏡かな
  • 寄生木のうすうす見えて霧の中
  • 鰯雲縫うて昼月かくれなし
  • 花火揚に子供花火も揚るなり
  • 茸狩や木の間伝ひに次の山
  • 川下の障子洗ひのかげりけり
  • 海をなす出水に障子洗ひけり
  • しばしばや椋鳥通る庵の空
  • やれやれて水にうつれる芭蕉かな
  • 持船の大額かゝる煖炉かな
  • 飴の玉いくつもふんで日向ぼこ
  • つらつらと見上げて高き冬木かな
  • 雪折の竹もうもれし深雪かな
  • うすうすと霞の中の妙義かな
  • 汽車道に陽炎たちてゐたりけり
  • 薮竹につなげる縄や種俵
  • ひきゝりなく川原雲雀の揚りけり
  • 大和路や遙の塔も花の上
  • 月の夜の水の都の生簀船
  • 昼顔や浅間の煙とこしなへ
  • 秋雨のたまりて水づく木賊かな
  • 燈籠を流す河原の燈籠売
  • 消え際の線香花火の柳かな
  • 萱刈のゐて麓路に出でにけり
  • ちらぱらと散りもしてあり返り花
  • 庭桜返り咲きたる今年かな
  • 古池の燈心草も枯れにけり
  • 枯蔓やのうぜんとしもおもほへず
  • 橋の人二階の人や野火を見る
  • 花の幕かけはなれたる河原にも
  • 雀の巣浮間の橋の橋桁に
  • 梅林や何匹となく四十雀
  • 海棠や陪審廷の廊の庭
  • 涼しさや蝦釣舟の赤行燈
  • 庭清水団扇を置いて掬びけり
  • 遊園や菖蒲葺きたる屋形船
  • 鵜篝の流れ流るゝ焔かな
  • 鵜篝や月の山蔭山蔭に
  • くらがりに釣して円き蛍籠
  • 樹々の上に噴水見ゆるときのあり
  • 橋立は雨にかくれて雨蛙
  • 時鳥谷田は田植すみてあり
  • 山中の大石橋や時鳥
  • 秋雨や朴を前なる大二階
  • 啄木鳥の木の間に見えし二階かな
  • 葛の花釣りある駕に這ひ渡り
  • 中障子一枚あけし紅葉かな
  • 隧道も隧道も皆蜜柑山
  • 初霜や唐招提寺志す
  • 初雪のまだらに降りし嵐山
  • カーテンを覗いて見たる牡丹雪
  • クリスマスけふの花婿花嫁御
  • 浮寝鳥一羽のさめて啼きにけり
  • 屏風岩高く翔れる鴛鴦もあり
  • 霜除の中に蕾みし冬牡丹
  • 藪口に注連飾して藪の村
  • 島三つ巴に霞む浦もあり
  • 春潮の泡網の如くなりて消ゆ
  • 蒔くところありて朝顔蒔いて置く
  • 白魚の漁火となん雪の中
  • 鶯のしばらく鳴かぬ間かな
  • 川べりに植木棚あり猫柳
  • 覗き見てまだ水草の生ひてゐず
  • 笊の上にのせわたしある長き独活
  • 菜の花や名古屋の城のよく見ゆる
  • 涼風のどちらからとも定めなく
  • あととりや人と成りたる夏羽織
  • 雨ありしあとの日傘や菖蒲園
  • 水鶏の巣こゝにあり苗捨てゝあり
  • 神垣の外の風雨の牡丹かな
  • 千々に置く白きさうびの花の露
  • 咲きのぼる葵の花の夏たのし
  • 蒲の絮水にとまりて吹かれをり
  • 秋暑や袂かぶりて水を汲む
  • うすらげる靄の中より後の月
  • 法師蝉月の莚の設けあり
  • たまたまの夜の遑に障子貼る
  • 大いなる銀杏黄葉や明治節
  • 鵯や山王つゞき星ヶ岡
  • 鬼灯や洗濯物に精を出し
  • 縁の上によき一鉢の雨の菊
  • 立ち出でゝ戻る日もあり冬籠
  • たそがるゝ戸口に立ちて毛糸編む
  • 枯木中白鳥見えて池のあり
  • 春雨の上り際なる水輪かな
  • 菊根分名札は妻の歌文字
  • 観潮や舟乗りすてゝ山の上
  • 飛石を一つ照らして梅の月
  • 百花園大入日して梅の上
  • 梅林や貧乏屋敷今もあり
  • 折りかけし枝もありけり猫柳
  • のぼり来てなかなか高し蕨山
  • 遠山は蕨の茎の下にあり
  • 連翹をこゞみ出て来る鶴のあり
  • 一本の小米の花の風雨かな
  • わぎもこが長き化粧や虹の窓
  • 夕焼の橋に遊んで蛍待つ
  • 羽抜鳥馳けて虚無僧通りけり
  • 玉虫の飛びうつりたる木の間かな
  • 毛虫焼く煙だらけとなりにけり
  • 牡丹の驟雨斜めに到りけり
  • 秋の猫砧の上をまたぎゆく
  • あさつての望はさこそや月の園
  • 村々や雨乞の火と迎火と
  • 江戸川や蘆刈小屋の残るまゝ
  • 砂丘よりかぶさつて来ぬ鶸のむれ
  • 口あいて秋酣のざくろかな
  • 菊の鉢並べしまゝに雨の庭
  • 菊の月うすうす靄の立ちながら
  • 茎漬や金の指輪を二つして
  • つり替ゆるところもなくて枯荵
  • 初富士に後ろ向きなる渡舟小屋
  • 七草の名札新らし雪の中
  • 月の面に影してふるや春の雪
  • 馬車駈りて野に遊びけり春の虹
  • 川千鳥ひらひらひらと野火明り
  • 灌仏の人の中なる柱かな
  • 意地悪き公孫樹にかゝる凧いくつ
  • 朝寝して句会は午後の一時より
  • 遅麦を刈つてゐるなり古戦場
  • 白服の一人は誰ぞや蛍狩
  • 何もかも簾越しなり撫子も
  • いもがりや鬼灯ともる簾越し
  • 麦こがし砂糖吝みて甘からず
  • 来合せて曝書手伝ふ娘あり
  • 黒蜥蜴青鬼灯の林より
  • 野に出れば麦は穂に出てゐたりけり
  • たれさがる花粉の紐や月見草
  • 夕顔や月早ありて咲き急ぐ
  • 籾莚色に出そめし柚子のあり
  • 舂ける夕日の中の蘆火かな
  • 誕生日安き鰯を買ひにけり
  • 葉鶏頭林をなして燃え尽す
  • 軽気球銀杏黄葉の蔭になり
  • 炭竃のいたく黄色き煙吐く
  • 凍鶴や必ず松に片がくれ
  • 初詣誰にともなき土産物
  • どんよりと曇りし春の月明り
  • どこへでもつき添ふ母や針納
  • ひそやかに話して雛の品定め
  • 野遊や夕餉は連れの友の家
  • 杉襖その上に凧いと高し
  • 白椿赤椿幹黒くして
  • 野の辛夷夕日かゝりて見え難し
  • 去りがてにさまよふ鳩や夕桜
  • ちらつきし雪やみにけり桜草
  • 夏の月片くらがりの芭蕉かな
  • 豆飯を炊けと主の所望かな
  • 人形の浴衣の女憎からず
  • 雨やむを待ちて仮寝の籠枕
  • かくれたる牡丹うつりて潦
  • 宵浅き月かくれゐる若葉かな
  • だんだんに縁側の月よくなりぬ
  • 今日の月多摩の濁りを惜しむのみ
  • 霧の中よぎりて見えし尾長かな
  • 出でゝ待つ妹が出支度秋日和
  • 誰となく代りて線香花火かな
  • 庵の妻人手は借らず萩を刈る
  • 芒の葉透き明りして虫行燈
  • 新宅のまだ整はず秋刀魚焼く
  • としどしや井桁の上に桐一葉
  • つみかけし夕立あとのさゝげつむ
  • 月ありて夕日うするゝ芭蕉かな
  • 稲光真昼の如き芭蕉かな
  • 萩の宿白き襖の貧ならず
  • 萩に客ある日は勤め早帰り
  • 萩の雨かうも降つては来られまじ
  • 明け方に降りし霰ぞ霜の上
  • 桐畑それも景色や雪のふる
  • 寒月や藪を離れて畑の上
  • 日向ぼこかうしてゐても腹が減る
  • 一枚は大鏡餅餅莚
  • 名にし負ふ雪の山々スキー行
  • 月の夜の明け白みたる千鳥かな
  • 山茶花や夕日の枝に花多き
  • をしみなく照らせる月や石蕗の花
  • 枯木中落ちかゝる日のちらとあり
  • ぬば玉の夜の枯木の上の不二
  • 鳩舞へる行手の宮や初詣
  • ぬかづきて我も神の子初詣
  • 鵜の一つ恵方はるかに浮き沈み
  • 日々の勤めとなりぬ鳥総松
  • 春の風邪誰も見舞つてくれぬなり
  • はるかなる秘苑の雉子の聞えけり
  • 客出入ありつゝ梅の夕まぐれ
  • 庭の梅ほころび月もありそひぬ
  • 百花園移り変りて梅はなし
  • 梅の枝持つて遠路を女客
  • すつすつと滝の影さす猫柳
  • 誰彼に無沙汰ばかりや蕗の薹
  • ちらちらとちる花も見え花の雲
  • さるをがせ大石楠花にかゝるあり
  • 日々に明けて悔なし蚊帳の中
  • 蚊火煙月の襖にうつりけり
  • 庭のもの青いちぢくや冷奴
  • 霧の中翡翠飛んで失せにけり
  • 塵取りの手にも夕べの蜘蛛の糸
  • 朝の土急いでわたる毛虫かな
  • 人々の中の主は牡丹園
  • 玉芭蕉一枚とけて立烏帽子
  • 紫陽花の浅黄は宵にふさはしく
  • 待宵の月見て明日の下話
  • 軒の月古き世に似てしぐれけり
  • 神棚に朝の灯あげて紅葉狩
  • 夕焼けて火花の如く飛ぶ蝗
  • 庭の菊帰れば暮れて見る日なく
  • 菊の月今宵あたりは霜おりん
  • ほろほろとこぼれもぞして葱の霜
  • 雪の客先客も出て迎へけり
  • おでん屋の看板娘如何にせし
  • 日向ぼこして聞き分くる物の音
  • 行く年の恥らひもなく干し襁褓
  • 雄阿寒や鷹の子一つ舞ひ習ふ
  • 朧夜の物言ふ如き星のあり
  • 流し雛堰落つるとき立ちにけり
  • 花の幕うしろ向なる鳰の池
  • 大いなるもくろみありて朝寝かな
  • 梅に浮く雲に心のなしとせず
  • 廃りたる襤褸も張るなり梅の花
  • 桃挿すやこぼるゝ蕾惜みなし
  • 花の空四方にひろしや御苑内
  • 汐煙ながれて涼し伊良古岬
  • すずしさや鯛もかじきも網の中
  • 夏網の相模の海の鱸かな
  • 引いてゆく長きひゞきや五月波
  • 田植時鳴海の里は絞り干す
  • 緑蔭や白鳥遠く去りてあり
  • 夕顔に庭木がくれの月遅し
  • 楽しみの一つに朝のトマトもぐ
  • 月の前蜻蛉すぎてまだ暮れず
  • 灯を入れて夕焼したる切子かな
  • 静かにもとろりと灯る切子かな
  • 連れ立ちて話もなしや虫時雨
  • 木をゆするのが見えてをり栗の山
  • 万年青の実楽しむとなく楽しめる
  • 雪嶺のうつりてひろき水田かな
  • どの家も皆仕合せや干布団
  • 老夫婦鼻つき合せ煤ごもり
  • 来る客もなくて餅切などしつゝ
  • けちけちと暮して寒の餅もつく
  • ひるがへるより木がくれし鶲かな
  • うす月の見えてありしが石蕗の花
  • それ以来誰にも逢はず春浅し
  • 竹生島さしてましぐら東風の船
  • 橋の欄譲りもたれて春の水
  • 春の水渦のとけては顔になる
  • 翅立てゝ鴎の乗りし春の浪
  • 囀のこぼれて水にうつりけり
  • 奥深く梅の渓あり梅林
  • 聳え立つ山が閊えて梅の軒
  • 物の芽にかゞんで旅のあと休
  • 明け易き一夜一夜の茄子漬
  • 島々の一つの島の宿涼し
  • 干網に晩涼の日のかゝりけり
  • くらがりにかくるゝ如く門涼み
  • たそがれて大きく円く白牡丹
  • 人妻のあだに美し菖蒲園
  • 我名呼ぶ如き鳥あり夏木立
  • 竹の葉の散るを間遠に思ひけり
  • 夕顔に月の翳りて更けにけり
  • 何故の妹が涙や秋の風
  • 萩刈つて多少の惜みなしとせず
  • 生意気にくやしがる子や菌狩
  • わがとりし菌いちいち覚えあり
  • 蜻蛉の空暮れて来し木の間かな
  • 闇汁や遊びずきなるこのまどゐ
  • 闇汁や何の会にも不参せず
  • 炉辺の婆々おつゝけ爺が帰るといふ
  • 煖房や八階にして窓に不二
  • 風邪よごれ見られたくなしかくれ病む
  • 著ぶくれて庭木くゞるもぎこちなく
  • 逆立ちをする鴛鴦を見る木の間かな
  • 水ひろき方へと鴛鴦の進みけり
  • 山茶花や紅斑の少しさみしくも
  • 枯木立ありその上に八ヶ岳
  • 羽子板を抱いて門より出ぬ女の子
  • 寄せて来る春の浪見てゐて楽し
  • 雛飾りしてあるまゝに地久節
  • 花疲れ流れについてゆくとなく
  • 国の祖母浮世の花を見納めに
  • 鶯やその日その日の窓一つ
  • 親雀舞ひおりくれば子雀も
  • 梅の月書斎を出でゝ逍遥す
  • 雪の梅有明の月珍しや
  • 立ちよりて遊びくらしぬ木瓜の雨
  • 立ち出でゝ雨あがりけり夕桜
  • 夕桜とけんばかりにうすけれど
  • 夕べ来て梅雨のはれまや百花園
  • 病人をかくすよしなし青簾
  • 水中花すぐゐ眠をする子かな
  • 大牡丹開かんとして今日もあり
  • 梯や牡丹花を終えてあり
  • 紫陽花の雨の書斎は暗けれど
  • 緑蔭にかくるゝ如くゐてひろし
  • 夕顔に月の雨夜の暗からず
  • ふるさとに墓あるばかり盆の月
  • うす絹をまとふ恨や今日の月
  • 秋晴やはやかげり来し家の中
  • 七夕の竹の穂見ゆる翠微かな
  • 迎火をキャンプの外に焚くもあり
  • 月の出を待ち居る外に思ひなし
  • はてしなき野末に見えて椋鳥わたる
  • 簾越し走り咲きして萩のあり
  • 日ざすかと見れば降り増す芋の雨
  • 唐辛子必ず畝のはしにあり
  • 菊の虻蕊を抱へて廻りけり
  • 闇汁の宿してたのし三日の月
  • 退け待ちて妻のあとより顔見世へ
  • 炭をつぎかけて用事にかまけつゝ
  • 分け入りて炉話を聞く子供かな
  • 干足袋や糸に吊して梅の枝
  • 伏屋あり枯木に笠のかけてあり
  • うつし世のものとしもなし冬桜
  • もつれつゝとけつゝ春の雨の糸
  • 屋根替やこき使はれて怠け者
  • 新参のよき子我が子にせまほしく
  • 張板に隠れて澄める石鹸玉
  • ふるへ声して夕鳶の笛すゞし
  • 夕立の来てせはしなき厨かな
  • 膓にひゞきて愉し五月波
  • 麦の秋お医者通ひを恥ぢ通る
  • 初扇安鉱泉にあそびけり
  • 水中花妻の妹の子を膝に
  • あきらめし月さし出でし傘の上
  • 名月の供へものせず忌がゝり
  • 秋天や心のかげを如何にせん
  • こゝに消えかしこに起り秋の風
  • 秋の水空のうつりて何もなし
  • 七夕や家の子としていゝなづけ
  • はなやかに漸く更けし星祭
  • 事に寄せて招きし客や星祭
  • 盆燈籠眠りに落ちて坐りゐる
  • 岐阜行燈簾越しなる置きどころ
  • 惜別や手花火買ひに子をつれて
  • 白芙蓉なまめかしさのなしとせず
  • 雪の山遙か他界にあるごとし
  • 何事も言はで止みなん冬籠
  • 屏風ほし老の望の外になし
  • 湯婆や生き永らへし物の恩
  • 遠鳰や語らひ歩く二人づれ
  • 笹鳴いてゐて灯りぬ料理待つ
  • 散り紅葉流れもあへず水浅し
  • 眠りよりさめし如くに落葉風
  • 枯園を出ていづこかへ行かんとす
  • 松過ぎて頼り来りしみよりかな
  • 武蔵野の森より森へ春の虹
  • 遠くより風船屋見え景気よし
  • 星空へ消え入りがてに梅白し
  • この頃の夜明の早し軒の梅
  • あけぼのとおぼしき梅の薄月夜
  • 猫柳日の昃りても光りけり
  • 山容ち木の芽の中に隠れ得ず
  • 漁りに目こぼしはなし蝦を掻く
  • 五月闇朝夕べのわきがたく
  • 夕焼や生きてある身のさびしさに
  • もてなしも出来ぬよしみや砂糖水
  • 子心は親心なり水中花
  • うすうすとしきりに月の蛍とぶ
  • 夕焼の消えて又雨栗の花
  • 向日葵のほむらのさめて月にあり
  • 森暗く入るべくもなし虫時雨
  • 朝に釣り夕べに釣りて鯊の汐
  • 既にして東雲明り菊にあり
  • 霧の中むら消えのして紅葉山
  • 川音の時雨れて今もランプなり
  • 村を去る人に川音しぐれけり
  • 訪ひ来しは待つ人ならず虎落笛
  • 炉辺の情我が子の如き娘あり
  • 石ころも火になりてある囲炉裡かな
  • 湯ざめして或夜の妻の美しく
  • 鷹舞へり雪の山々慴伏す
  • 翔ちつれて舞ひ戻るあり番ひ鴛鴦
  • 石よりも静かなりけり石蕗の花
  • 舟あれど乗る心なし冬紅葉
  • 面白し雨のごとくに羽子の音
  • 雨戸掻く犬に朝寝を起こされぬ
  • 寄進して去りし旅人梅の寺
  • 猫柳光るは月の移ればぞ
  • しどみ掘る何かいたづらしてみたく
  • 踏み入りて雑木の中の山桜
  • 酷暑にも堪えつゝ功を争はず
  • かすかにも顔明りあり五月闇
  • 噴煙に己かくれて夏の山
  • わだつみは真夜の闇なる夜光虫
  • 百合の香に一とまどろみの淡き夢
  • 炊煙の濁らしそめぬ露の空
  • 好晴の秋を惜めば曇り来し
  • 秋風や我世古りにし軒の松
  • 悲しくも美し松の秋時雨
  • 三人のふだんの友と月見かな
  • 新らしきまゝなる秋の扇かな
  • 成し遂げし一事とてなし秋扇
  • 蜩や終りに近く読み残し
  • 顧みて心恥なし菊の花
  • 生涯をさゝげて悔いず木の葉髪
  • 念入れて結ひし痺や木の葉髪
  • 手伝うて七つの子あり真綿のし
  • 神の水湧きてあやめの返り花




鈴木花蓑 プロフィール

鈴木花蓑(すずき はなみの、1881年(明治14年)8月15日または12月1日 - 1942年(昭和18年)11月6日)



おすすめの記事