諸九尼の俳句
  • 大仏の屋根を残して時雨けり
  • 行く春や海を見て居る鴉の子
  • 葺(ふき)かへて今やむかしの菖蒲(あやめ)草
  • いつとなくほつれし笠やあきの風
  • 掃捨てて見れば芥(あくた)や秋の霜
  • 物いはば声いかならん女郎花
  • ながらへて枯野にかなしきりぎりす
  • 涙ぐっみて馬もいくなり枯野原
  • 秋きぬと人に見せばや草枕
  • 今一里ゆく気になりぬきじの声
  • 夢見るも仕事のうちや春の雨
  • 長き夜やおもい余りて後世(ごせ)の事
  • 朧夜の底をいくなり雁の声
  • もとの身のもとの在所や盆の月
  • 虫なくややがて塩たく柴の中
  • やけし野の所どころやすみれぐさ
  • 生るものをあつめてさびしねはん像
  • 夕顔や馬のもどりをまちてさく
  • 行燈の日なたへ出せよつづれさせ
  • はらりはらり萩ふく音やびはのうみ
  • ながらへて枯野にかなしきりぎりす
  • 姫の子もあるか竹の子売る翁
  • 七草や起きねばならぬたたきそう
  • 背と腹はさすがにかはるなまこ哉
  • 目にも立人目も忍ぶ頭巾哉




諸九尼 プロフィール

諸九尼(しょきゅうに、正徳4年(1714年) - 天明元年9月10日(1781年10月26日))



おすすめの記事