夏の季語「紙魚(しみ)」を使った俳句一覧




夏の俳句自動作成

夏の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/summer1/

夏の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/summer2/

夏の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/summer3/

夏の季語「紙魚(しみ)の解説

紙魚(シミ)は、原始的なシミ目シミ科の昆虫の総称のことをいいます。よく走り、銀色の鱗に覆われています。糊気のある紙、衣服などを食します。

夏の季語「紙魚(しみ)子季語・関連季語・傍題・類語など

蠹(しみ)/蠹魚(しみ)/衣魚(しみ)/雲母虫(きららむし)

夏の季語「紙魚(しみ)」を使った俳句一覧

  • 雛箱の紙魚きらきらと失せにけり / 臼田亞浪

夏の季語一覧



おすすめの記事