夏の季語「夏越の祓(なごしのはらえ)」を使った俳句一覧




夏の俳句自動作成

夏の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/summer1/

夏の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/summer2/

夏の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/summer3/

夏の季語「夏越の祓(なごしのはらえ)の解説

名越の祓は、旧暦の六月晦日に、茅の輪をくぐって海や川に穢れを託した形代を流すことで禊をする大祓いの神事のことをいいます。

夏の季語「夏越の祓(なごしのはらえ)子季語・関連季語・傍題・類語など

夏越(なごし)/祓(はらえ)/禊(みそぎ)/茅の輪(ちのわ)/菅貫(すがぬき)/輪越祭(わごしまつり)/撫物(なでもの)/形代流す(かたしろながす)/川社(かわやしろ)/川祓(かわはらえ)/禊川(みそぎがわ)/麻の葉流す(あさのはながす)/水無月祓(みなづきはらえ)/夏祓(なつはらえ)/みそぎ

夏の季語「夏越の祓(なごしのはらえ)」を使った俳句一覧

夏の季語一覧



おすすめの記事