冬の季語「牡蠣(かき)」を使った俳句一覧




冬の俳句自動作成

冬の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/winter1/

冬の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/winter2/

冬の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/winter3/

冬の季語「牡蠣(かき)の解説

牡蠣(カキ)は、岩などに付いている箱イボタガキ科の二枚貝の総称のことをいいます。牡蠣は、筏を波が穏やかな入江に浮かべて養殖します。

冬の季語「牡蠣(かき)子季語・関連季語・傍題・類語など

牡蠣田(かきた)/真牡蠣(まがき)/板甫牡蠣(いたぼがき)/住江牡蠣(すみのえがき)/長牡蠣(なががき)/蝦夷牡蠣(えぞがき)/牡蠣打(かきうち)/牡蠣むく(かきむく)/牡蠣殻(かきがら)/オイスターレモン/酢牡蠣(すがき)/どて焼(どてやき)/煎牡蠣(いりがき)/牡蠣フライ(かきふらい)/牡蠣雑炊(かきぞうすい)

の季語「牡蠣(かき)」を使った俳句一覧

冬の季語一覧



おすすめの記事