新年の季語「おせち料理(喰積(くいつみ))」を使った俳句一覧




新年の季語「おせち料理(喰積(くいつみ))」の解説

おせち料理(喰積(くいつみ))は、本来は新年の祝饌のことをいいます。米、昆布、餅、熨斗鮑、橙、ゴマメ、ユズリハなどのいろいろな縁起物を三方に飾ります。

新年の季語「おせち料理(喰積(くいつみ))子季語・関連季語・傍題・類語など

重詰(じゅうづめ)/重詰料理(じゅうづめりょうり)/組重(くみじゅう)/食継ぎ(くいつぎ)/お手掛(おてかけ)/お取初め(おとりぞめ)/甘露子(ちょろぎ)/滴露(ちょろぎ)/丁呂喜(ちょろぎ)/長老木(ちょろぎ)

新年の季語「おせち料理(喰積(くいつみ))を使った俳句一覧

新年の季語一覧



おすすめの記事