新年の季語「初市(はついち)」を使った俳句一覧

目次




新年の季語「初市(はついち)」の解説

初市は、初めて新年に立つ市のことをいいます。昔は野菜の市や魚の市が正月の二日に立っていました。現在は、四日が青果市場や魚河岸での初市になっています。

新年の季語「初市(はついち)子季語・関連季語・傍題・類語など

初立会(はつたちあい)/大発会(だいはっかい)/初相場(はつそうば)/市始(いちはじめ)/初市場(はついちば)

新年の季語「初市(はついち)を使った俳句一覧

新年の季語一覧



おすすめの記事