冬の季語「十夜粥(じゅうやがゆ)」を使った俳句一覧




冬の俳句自動作成

冬の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/winter1/

冬の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/winter2/

冬の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/winter3/

冬の季語「十夜粥(じゅうやがゆ)の解説

十夜粥(じゅうやがゆ)は、参詣者に十夜法要のときにふるまう、新穀で作った仏前に供える粥のことをいいます。十夜法要は、天台宗や浄土宗の念仏会です。

冬の季語「十夜粥(じゅうやがゆ)子季語・関連季語・傍題・類語など

十夜(じゅうや)/御十夜(おじゅうや)/十夜法要(じゅうやほうよう)/十夜鉦(じゅうやがね)/十夜寺(じゅうやでら)/十夜僧(じゅうやそう)/十夜婆(じゅうやばば)/十夜柿(じゅうやがき)

の季語「十夜粥(じゅうやがゆ)」を使った俳句一覧

冬の季語一覧



おすすめの記事