冬の季語「火事(かじ)」を使った俳句一覧




冬の俳句自動作成

冬の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/winter1/

冬の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/winter2/

冬の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/winter3/

冬の季語「火事(かじ)の解説

火事は、山林、住宅などが焼けることをいいます。空気が冬は乾いて風が強い日が多く、さらに寒さを防ぐためにストーブなどで火を使うため火事が多く発生します。

冬の季語「火事(かじ)子季語・関連季語・傍題・類語など

昼火事(ひるかじ)/夜火事(よるかじ)/大火(たいか)/小火(ぼや)/近火(きんか)/遠火事(とおかじ)/山火事(やまかじ)/火事跡(かじあと)/火の見櫓(ひのみやぐら)/火の見番(ひのみばん)/半鐘台(はんしょうだい)

の季語「火事(かじ)」を使った俳句一覧

冬の季語一覧



おすすめの記事